RAID5の設定でデータを保存して後から復旧するには?

近年のハードディスクは丈夫で安全性に優れているものの、いつ急に故障して読み込めなくなるかは、やはりわかりません。

そこで、「RAID5」(レイドファイブ/(Redundant Arrays of Independent Disks)のシステムを運用して、
ハードディスクのどれかが故障した時に、後からデータを復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

RAID5を導入してハードディスクを冗長化

まず、日々のデータの更新によるわずかな差分のファイルでも、何かのトラブルで失うのを防ぐためには、
余裕があればRAID1やRAID5、あるいはそれらが設定されたNASでのバックアップとデータの回復による運用をおすすめします。

こちらのページの説明では、Windowsのパソコンで、BUFFALO(バッファロー)から発売されている
RAID機能搭載の外付けハードディスク『DriveStation』(ドライブステーション)を使って

パソコンやサーバー、モバイルコンピューターなどの電子機器で個人・法人を問わずに取り扱う
大量の「電子データ」は、複数のハードディスクに同じファイルやフォルダーを書き込んで、冗長化して保存する
『RAID』の機能でバックアップを作ると、物理障害に対して安全性が高まります。

特に「RAID5」(レイド5)の方式は、3台以上のHDDを使って読み込みや書き出しの高速化と、
ドライブの故障からデータを守る高い信頼性の双方での実現によって、快適かつ安全に運用していくことが可能です。




DriveStation(ドライブステーション)の場合

こちらのページの参考例では、USB3.0&2.0対応で1TB×4ドライブ搭載の
HD-QL4TU3/R5J』というDriveStationの製品を使用します。

こちらの製品と付属のディスクはMacOS X 10.4以降にも対応しています。

Windows 10や8など、最近のOSはユーティリティーが使用できない場合があるので、
ウェブページのデータサービスから対応版をインストールしてください。

このDriveStationの製品『HD-QL4TU3/R5J』は、新規で購入した段階ですでに
ハードディスクが4台内蔵されていて、RAID5のモードが初期設定となっています。

なので接続してからすぐにRAID5のデータ記憶装置として使用できます。

ですが、もし以前にRAID1やRAID10として使っていて、
あとでRAID5として設定し直したい、という場合には以下の手順でドライブ構成の再構築を行います。

レイド5へのディスクアレイの再構築

BUFFALO製のRAIDケースである「ドライブステーション」(DriveStation)を用意します。

RAID5(レイドファイブ)のディスクアレイ(Diskarray)を構築して、ハードディスクドライブに書き込まれるデータの
多重化(冗長性を付けること)で安全に保護して使用する手順として、
まずは説明書の手順に従ってDriveStationの電源を入れて、同梱のUSB3.0ケーブルでパソコン本体に接続します。

製品に同梱されているディスク『Buffalo RAID管理ユーティリティ』を
WindowsかMacのOSにインストール・セットアップします。

タスクバーの隠れているインジケーターなどのアイコンから、Buffalo RAID管理ユーティリティを起動します。

最初に『設定』タブの『ディスク構成の変更』を選択します。

NTFSフォーマットのファイルシステムを設定

ディスク構成の選択画面が開いたら、一番下の「RAID5モード」
(1台の大容量&高速&高信頼性ディスクとして使用する)の項目を選択して、「次へ」のボタンを押します。

ファイルシステムは『NTFSフォーマット(G)』を選択して、『次へ』を押して進みます。

(Windows XPやWindows 2000のオペレーティングシステムのパソコンでもこのドライブステーションを
使う予定がある場合は、『NTFSフォーマット-互換モード』を選択して進みます。)

確認画面で、中身のデータが削除されても大丈夫な事を了解して、
「はい」を2回押すと、ドライブの初期化とRAID再構築の作業が始まります。

(この作業中はケーブルを抜いたりパソコンをシャットダウンしないように注意してください。)

「設定の変更が正常に終了しました」とメッセージが出たら「OK」を押して、
 Buffalo RAID管理ユーティリティを閉じます。

ハードディスクにデータをバックアップ

次に、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで使用する、
グラフィカルユーザインタフェース(Graphical User Interface)の「エクスプローラー」(Explorer)を開きます。

「PC」(マイコンピューター)のアイコンを開くと、
ドライブステーションのハードディスクのアイコンが一つ表示されています。

これを右クリックして、プロパティ画面を開いて状態を確認します。

RAID5モードでは搭載されているハードディスクの合計した容量の
4分の3弱ほどの容量が使用できます。(4GBであれば2.72TBほど。)

あとは、普通の外付けデータ記憶装置と同じようにドライブの領域の中にフォルダを作って
ファイルを書き込んだり、コピー&ペーストなどでUSB外部ハードディスクやRAID、NAS、DVD-Rなどの
ストレージにデータをバックアップして、後に何かあった時にそこから復元できるようにします。

もちろん差分更新の『バックアップユーティリティー』も使えます。

リビルドの機能でデータの読み出しを復旧

RAID5に書き込まれたデータは水平パリティ(誤り検出方式)という技術で保存されます。

ハードディスクのうちの1台が物理的に故障してしまい、データファイルの読み出しができなくなっても、
残りの3台が無事であれば大丈夫です。

DriveStationのフタを開けて、壊れたHDDの一台を新品に交換して新しく組み込み直してから
フタを閉じて、電源コンセントを付けて起動をし直すと、「リビルド(Rebuild)の機能」が自動的に働いて、
保存データが多重化された元の正常な状態に復旧できます。

同じグループ内のHDDが同時に故障したら?

RAID5は、もし同じディスクアレイのグループ内のハードディスクが2台以上同時に故障すると、
一般個人の通常の方法ではデータの復旧がきわめて難しくなります。

RAID1や5、10でハードディスクの構成が崩壊した時の復旧をする方法については、こちらのページにて。

お使いのRAIDに2台以上の故障によるトラブルへの耐性を付けるには、
複数パリティによる分散のRAID6や、RAID1の三重化による保存の構築などで対応できるのですが、
確率的にほとんどはRAID1やRAID5でも十分に守れるといえます。

しかし、水害や落雷、高熱など災害によるダメージで複数のハードディスクが万が一壊れてしまったり、
また誤ってRAIDの保存ファイルを全部削除したり初期化してしまった場合は、
やはり個人では復元が難しくなる事が多いので、日々注意してください。

データ復旧サービスにRAID5のHDDを提出

なおハードディスクは、MFTのディスク構造が壊れたり、アクセス拒否の状態になっている場合くらいの
軽度の障害であれば、仮にWindowsから読み込めなくても、MacやUbuntuなら開けることもあります。

上記のような予期せぬトラブルに遭われてしまった際には、RAIDの物理障害や論理障害に対応された
データ復旧サービスの事業に、電話やメール、FAX、持ち込みにてたずねて、
ファイルの復元や壊れたHDDからの取り出しを注文されてみることをおすすめします。