RAID10を構築してHDDのデータ保存を設定

複数のハードディスクを組み合わせて一つの大きな仮想ドライブにしたり、また2つ、3つ、4つ~のグループに分けてそれぞれに
同じデータを常に多重にコピーするように書き込む方式の「RAID」(レイド)は、データの安全性の強化やドライブの大容量化、
高速化などを施すことができます。

全てのドライブを個別に読み込んだり、RAID0(ストライピング)の設定にして使う時は大容量の保存で使用できるのが便利なのですが、
その分、もしどれか一台が故障するとデータが読み込めなくなってしまいます。

その中で[RAID10](レイド・テン)という方式を選んで構築すると、もしハードディスクがどれか1台、
あるいは2台以上急に物理的に故障した場合、すぐに新しいHDDを用意して入れ替える事で元通りに復旧させることができます。

RAIDの仮想ドライブ

また、例えばRAID1の構築で8台のハードディスクを2グループの仮想ドライブに分けてデータを記憶する設定よりも、RAID10の構築で
4グループ(2台おき)の仮想ドライブに分けてデータを保存する設定にした方が、HDDがいつか故障した時のリスクが低くて済みます。

※RAID5の場合も例えば4台のハードディスクの中に「パリティ」(誤り訂正符号)を作成して一つの仮想ドライブとして統合し、
3台分近い容量でデータの保存に使う、といった設定で構築します。

この場合も、壊れた1台のHDDを新品に取り換えて差し込めば、次に電源を起動した時にリビルド機能が働いてデータが元通り、
4台のハードディスクに復元されます。

(※万が一RAID本体も壊れていて1HDD交換後のリビルドができなくなっている場合は、
データ復旧センターか販売元のカスタマーサポートにケースごと持って行って、リビルドの代行作業を行ってもらいましょう。)

しかしもちろんRAID1なら容量が多く使えますし、2台以上のハードディスクが同時に故障する確率はきわめて低いのですが、
安全性ではやはりRAID10やRAID5、RAID6などの設定が大変優秀ですね。

ボリュームのデバイスへの認識

下記のページの参考例では、「BUFFALO」(バッファロー製品)の
【USB3.0&USB2.0対応4ドライブRAID機能搭載外付ハードディスク[DriveStation](ドライブステーション)】(HD-QL4TU3/R5J)
を接続して実際にRAID10を専用のユーティリティーを使って構築する例を解説します。

最初にパソコンを起動してデスクトップかスタート画面を開きます。

ドライブステーションの電源を入れて、USBケーブルでパソコンのUSBポートに接続します。

RAIDがデバイスに正常に認識されて読み込まれたのを確認したら、製品に付属されているHD-QLU3.R5シリーズなど
ラベルが貼ってあるユーティリティーCDをパソコンのDVDドライブに挿入します。

その中の[drive navi.exe]といった名称の管理ツールをパソコンにインストールします。

※Windows 8など一部のオペレーティングシステムではプログラムが開けない事があり、その場合は互換性を整える
別のユーティリティーをインストールするか、インターネットからOSに対応できるバージョンのプログラムをセットアップします。

セットアップを実行中、また完了後にパソコンを再起動してツールの機能を有効にします。

デスクトップのタスクバーの隠れているインジケータにある、「BUFFALO RAID管理ユーティリティ」のアイコンをクリックして開きます。

※フォルダーの場所は「コンピューター」⇒「ローカルディスク(C:)」⇒
「Program Files(x86)」⇒「BUFFALO」⇒「HD-xLU3」⇒「RaidUtility.exe」
です。

特殊な設定や仕様のプログラムが大容量記憶デバイスを検出して、そのあとですぐに「BUFFALO RAID管理ユーティリティ」の
ウィンドウが開いたら、最初の画面でハードディスクの構成が全て正常に表示されているかを確認します。

ディスクの構成を変更

「設定」のタブの「ディスク構成の変更」を選んで開きます。

ディスク構成を選択してください。」と出ている項目から、「RAID10モード」(1台の高信頼性ディスクとして使用する)の所を選択して、「次へ」を押して進みます。

ファイルシステムを「NTFSフォーマット」にして、「次へ」を押します。

ここで変更するとRAIDが一度丸ごとフォーマットされて、すべてのハードディスク内のデータが消去されます。

すでにドライブステーションをある程度使ってデータを書き溜めていた場合はその前にすべての必要なファイルを
別の外付けHDDなどにバックアップして、それから「はい」を押します。

もう一度再確認の画面が出て、「はい」を押すとHDDのフォーマットとRAID10の動作モードへの再構築の作業が自動的に行われます。

「設定の変更が正常に終了しました」と出たら「OK」を押して完了です。

そして状態の確認のためにエクスプローラーを開いて、「コンピューター」(マイコンピューター)の
RAIDにあたるハードディスクのアイコンをダブルクリックして開きます。

ディレクトリが白紙になっているのを目視で確認したら、一つ前に戻って次のRAIDのアイコンを右クリックして、プロパティを開きます。

このドライブの使用領域と空き領域の合計の容量の数値が搭載しているハードディスクの合計値の
半分弱くらいの数値(1TB×4台なら1.81TBくらい)などになっていればRAID10の再構築は完了です。

あとは、ドライブステーションの本体の正面のランプを見て、POWERのランプが青色、
DISK Informationのランプが緑色の正常な状態に光っているか確認します。

そして、試しに何かファイルをRAIDの領域内にコピーペーストなどで貼り付けて、
アクセス権限があるのを確かめて、ハードウェアへ正常に書き込みや削除ができれば無事改めてRAID10を修復して使用できます。

RAID10を運用していく際の注意としてハードウェアの故障などの物理障害には非常に強いのですが、
その代わり誤ったファイルの削除やフォーマットによる初期化、またコンピューターウイルスの感染による破損といった
「論理障害」には基本的にRAID単体では一切耐性が備わっていない、という難点もあります。

特に、3つ以上のドライブを組み合わせたRAID0やRAID5、RAID10、などは普通のデータ記憶装置の使い方と違い、
仮想ドライブとして分散してファイルやフォルダーを保存しているため、そこからうっかり削除すると普通のデータ復元機能や
ユーティリティーでは個人での読み出しが難しくなる場合も多いです。

また、落雷によるショートや高熱、水害などのダメージにも注意してください。

もしも上記のような原因でRAIDからデータが消えたり読み込めなくなった場合は、プロのデータ復旧サービス業者の方で
ファイルを復元してもらったり、壊れたHDDからデータを抽出してもらう作業を注文されてみることをおすすめします。