RAIDアレイの再構築で消えたデータを復旧するには?

デスクトップパソコンやRAIDケース、サーバ、NAS(ネットワークストレージ)といったコンピューター機器で、
データ記憶装置のハードディスクドライブを多重化して二台以上に同じデータを書き込んで安全性を高める
RAID(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)を使用する際に、

RAID0からRAID1、RAID1からRAID5などディスクアレイの構造を再構築して使い直す作業を行った際に、
誤って前の状態の時に保存していたデータをバックアップせずに再構築をして、HDDの中身のファイルがすべて消えてしまった、
という場合には、後からデータ復旧をすることはできる?という疑問について。

RAIDのケース本体の製品の一覧

・BUFFALO:USB3.0用 PC/家電対応 外付けHDD 2TB ブラック HD-LC2.0U3-BKE
・Synology:DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426
・ラトックシステム:USB3.0 RAIDケース ブラック RS-EC32-U3RX
・ロジテック:HDDケース 3.5インチ 4Bay USB3.0 eSATA接続 RAID機能搭載 LHR-4BRHEU3
・玄人志向:HDDケース3.5インチHDD2台搭載可能 USB3.0/2.0 GW3.5AX2-SU3/REV2.0

予備で取ってあったバックアップデータを探す

まず、どこかに予備のバックアップデータがあるかどうかを一通り確認します。

たとえばパソコンのハードディスク内やデジタルカメラのメモリーカード、
インターネットのホームページなどのファイルマネージャーやクラウドサービス
といった別の場所に別のバックアップ先や、元となったオリジナルのデータが
まだどこかに残っていれば、そちらを引き出して、早急にバックアップをし直します。

必要なファイルのバックアップがどこにもなかったら、ディスクアレイを再構築して
初期化させたRAIDは一旦なるべくそれ以上は動かさずに電源を切っておきます。

一番確実な修復の方法としましては、プロのデータリカバリーサービスに注文をして
チェックとサルベージの措置を行ってもらわれることを推奨します。

個人でファイルの回復作業を行う場合は?

再構築を一度行う際に基本的に表示されるデータ消去の警告メッセージの通り、
保存したすべてのファイルやフォルダーは初期化して消去されて、ゴミ箱フォルダーにも残りません。

ですが、再構築後にまだあまりデータの新しい上書きを行っていなければ、
RAIDのハードディスクにまだ拡張子の痕跡データが残っている見込みがあります。

パソコンに普通に接続して読み込めるファイルシステムでフォーマットされた機器であれば、
WindowsやMac OS X用の「データ復元ソフト」でスキャンを掛けることもできます。

一つのハードディスクとしてデバイスに認識されている普通のRAIDなら、
そのまま外付けHDDやUSBメモリと同じように接続・起動して、
「フォーマットをした場合」などのメニューを選択してスキャンを行います。

消えたデータの検出がうまくいかないない場合は?

最初は試用体験版を入手して検出作業だけを試みる方法もあります。(他ページ参照)

しかし、多くの場合は大量のファイルが消えてしまうため、
一般個人ですべてのファイルを元に戻すことはできない可能性が高いです。

NASで使っているHDDのRAIDなどは、通常WindowsやmacOS/Mac OS Xでは
読み込めないファイルシステムでフォーマットされていて、
またUSBケーブルで直接つなげる周辺機器ではなく、サーバのようにHDDも複数なため、
基本的にデータ復元ソフトでは読み込みが難しくなります。

データ復旧サービスセンターで直してもらう

また、ディスクアレイの再構築を試みた際にRAIDアレイが崩壊して壊れてしまったり、
コントローラーボードが破損すると、読み込み自体ができなくなってしまいます。

ハードディスクが二台以上同時に故障してしまい、リビルドができなくなった場合も同様です。

それらの際には、やはり専門サービスであるデータ復旧センターに問い合わせて、
RAIDを持ち込みか送付で提出して、修復をしてもらわれることをおすすめします。