RAIDのHDDが認識しない時に復旧するには?

ハードディスクを複数台に多重化してデータを書き込み、物理障害への耐性を強める
『RAID』(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)のシステムをご使用の際に、
HDDが正常にコンピューターに認識しない状態で、データを開いたり新しく書き込めない時は
どうすれば復旧することができる?という疑問について。

[RAIDの製品一覧]

・WD:HDD 外付けハードディスク 4TB My Book Duo WDBLWE0040JCH-JESN USB3.0/RAID
・センチュリー:RAID機能付きHDDケース CRIB535EU3V2
・ロジテック:RAID機能搭載 SATAIII対応 3.5インチハードディスクケース LHR-2BRHEU3
・BUFFALO:Drive Station-Pro 外付HDD RAID1対応 4TB HD-WH4TU3/R1
・I-O DATA:HDD 外付けハードディスク 2TB ミラーリング(RAID1) HDS2-UTX2.0

まず、一度RAIDケースやNAS、または複数台のHDDを内蔵しているパソコンの電源を切って、
本体の蓋を開けてハードディスクがそれぞれ正常に、
基盤のインターフェースに差し込まれているかを一台ずつ確認します。

特殊なエラー音が鳴ったり、エラーランプが点灯していましたら、
RAIDケースやNASの商品の取扱説明書に沿った解除方法を試してみます。

パソコン本体に予備のハードディスクを増設してRAIDとして多重化の構成にしようとしたら
エクスプローラーで正常に開けず認識しない、という時は、フォーマットが
WindowsやMacに対応されていないもので書き込みされている、という場合があります。

パソコン以外のコンピューターで使われているHDDには多く、その場合は
たとえばWindowsの場合であれば、コントロールパネル→管理ツール
→コンピューターの管理→「ディスクの管理」を開きます。

対象のハードディスクが正常に表示されていましたら、「フォーマット」をして
Windows対応の「NTFS」または「FAT」に書き換えすることで認識できるようになります。

ディスクの読み込みができずにフォーマットなどの操作自体が出来ない場合は、
それ以上はHDDを動かさず一度外して、データ復旧サービスへの提出をおすすめします。




RAIDケースの破損

RAIDのHDDを搭載したケースの方に重大な故障といった問題が発生している時は、
そのままではデータが開けなくなってしまうおそれがあります。

こちらの事例では、BUFFALOのDriveStation(ドライブステーション)で
ハードディスクが認識しない障害が起こった場合について解説をいたします。

たとえばRAIDのケース内でHDDが一台しっかりと差し込まれていない場合、
デバイスに異常が発生してRAID構成が崩壊したり基盤が故障する可能性があります。

RAID設定ユーティリティーのソフトウェアを開き、状態を確認します。

デバイス自体が何も表示されない時は「ファイル」タブの「再検索」を行ないます。

USBケーブルを差し込み直して、またパソコンも再起動してみたり、
試しに別のPC本体に差し替えて復旧を試みてみます。

デバイスマネージャーをコントロールパネルから開き、
一度デバイスを削除してからパソコンを再起動して繋げ直してみます。

ディスク構成が正常ではなく、「異常モード」になっていたら、重大な故障が起きています。

「設定」でディスク構成を変更することで元に戻る可能性はあります。

ですがRAIDケースのコントローラーのパーツ自体が破損していると、
再構築による初期化をしてもまだHDDが認識しないおそれがあります。

あるいは再構築が途中で止まり中断されます。

またRAIDモードの再構築を行なうと初期化により内部のデータが消えてしまいます。

異常モードのようになると、かなりの割合で個人ではどうしても
HDDを認識するのが難しくなり、故障したRAIDやNASのケースはメーカー先のサポートなどへ
修理に出して直してもらうほかはなくなります。

しかし修理の際にはデータの初期化をしてもらわなければならないため、
大事なファイルがRAIDのHDDに残っていて先に取り出しをしておきたい、という際には、
先に、専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
RAID装置の診断とファイル抽出の作業を行ってもらわれることをおすすめします。