故障したRAIDケースは分解で修理してデータを復活できる?

ハードディスクに物理的な故障が発生してデータが読み込みできなくなるのを防ぐために
複数のHDDを組み合わせて多重化・仮想化してデータを保存するシステム
「RAID」(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)で、

外付けのRAIDケースのタイプとして使用している筐体のコントローラやスイッチといった
パーツが故障してしまい読み込みできなくなった場合、ケースを分解して修理することで
保存データへの接続を復活させることはできる?という疑問について。

RAIDのケースが故障した時に修復をするには?

まず、購入したRAID製品がメーカーまたは店舗の保障期間内であった場合、個人で分解による修理を試みると、
その後、保証期間がまだ残っていても有償でしか修理のサービスが受けられなくなる可能性があるのでご注意ください。

普通のプラスドライバーで回るネジが使用されて組み立てられている筐体であれば、
ケースの分解自体はさほど難しくはありません。

ですが、肝心のパーツが破損していると、交換できる代わりのパーツ自体が入手するのが
難しい場合があるため、基本的には、販売メーカー先のサポートに問い合わせて、故障を直してもらわれることが無難です。

先にデータを復活させたい、という際も、プロのデータ復旧センターに注文をして、
HDDから必要なファイルを抽出してもらわれることが最も安全な解決方法です。




パーツの様子のチェックと交換をするには?

RAIDケースの後部などにある冷却用のファンにホコリやゴミが詰まったり、何かの異物が挟まって
正常に回転できなくなった時は、ドライバーでネジを外して、カバーを丁寧に取り外します。

そして必要であれば冷却ファン自体をケースとRAIDコントローラカードから慎重に取り外して、
ファンのプロペラと周囲の部分の様子をチェックして、汚れや異物を取り除きます。

もし同じ製品があって、パーツが同じであればそちらに付け替えても良いのですが、
違うメーカーと規格の部品に付け替えると、故障の原因となるおそれがありますのでご注意ください。

電源の回路に問題があった場合に直すには?

電源スイッチが凹んでいた場合は、カバーを取り外してケースの裏側から押し上げてみます。

RAIDケースの強打や落下などによりアクセスランプのガラスが割れてしまった場合は、
一部のランプが正常に点灯しなくなる場合があるのですが、内部の回路そのものは大丈夫で、
引き続きRAIDの使用自体は問題なくできることもあります。

RAIDコントローラカードが破損している時は、個人で基盤自体を修理するのは困難なため、
自身でパーツから組み立てたRAIDの場合は、回路を新品へ交換する形になります。

RAIDコントローラが故障していたら?

メーカーで完成されている状態で販売されているRAIDケースは多くの場合、
専用のRAIDコントローラカードでなければならず、通常、市販では売られていないものだと、
入手と交換が難しく、一応換装ができたとしても、認識番号の違いや互換性の問題で
ハードディスクが正常に認識されない可能性が高いです。

なのでメーカー製のものは、どうしても個人で直してみたい、という際には、
シリアルATA RAIDカードなどの部品交換からディスクアレイの再構築まで、
丸ごと作り変えることでの復活になるケースも検討されてみてください。

開けないハードディスクの内部データを復旧するには?

ディスクアレイユニットが崩壊してしまう可能性もあるため、なるべくは私設のPC修理店など
専門業者の方に注文をして修理してもらわれることをおすすめします。

メーカーの修理にRAIDケースを出す場合はHDDのデータが規則により初期化されるため、
先に、バックアップしていなかったファイルを何とかHDDを接続して復活させたい、という時は、
やはりプロのデータ復旧サービスに出して装置を診てもらわれることもおすすめします。