RAIDで喪失したデータをサルベージするには?

RAID(レイド:Redundant Arrays of independent Inexpensive Disks)は、
数台のハードディスクドライブを組み合わせることでコンピューターの大容量化、
読み込み速度の高速化、そしてデータの冗長化によって、安全性の向上を実現した装置です。

ですが、もしRAIDのディスクユニットが破損した時にデータを復旧したり、
間違えて消去したファイルをサルベージするには、どのようにすればいい?という疑問について。

RAIDのディスクユニットの冗長性

まず、RAIDは複数のHDDのディスクユニットに同時にデータが書き込まれて冗長化されています。

そのため、もしもどれか1台が破損したとしても他の装置から読み出して、
そのままシステムを中断させることなく、作業を続行することも可能です。

また、RAID0(ストライピング)の規格では、データを分散して書き込んでいるのみなので、
物理障害への耐性は普通のパソコンより冗長性は低いのですが、
RAID1(ディスク・ミラーリング)以降の規格でしたら、故障したHDDの代役になります。




故障したハードディスクの入れ替え

またRAID5やRAID6も、ディスクアレイの一部が故障した時に組み込んでいるハードディスクが、
1台でもまだ破損していなければ、そのディスクファイルやソフトウェアのプログラムのサルベージの作業を行って、
別のパソコンや外付けHDDにコピーすることで、データの損失を防止できます。

その後、故障したハードディスクは新しい製品に入れ替えをして、
一旦RAID全体の構築を見直した後で改良するなどしてから、再び運用しましょう。

例として、RAIDの障害を修復してデータを救出するには?という疑問については、こちらのページにて。

しかし壊れたHDDの存在に気づかなかったり、新品への交換修理が遅れて時間が経つにつれて、
ディスクアレイ全体にも負荷がかかり、寿命の近いドライブから順に次々と破損して、
データを喪失するおそれもありますので、出来る限り早急に破損した箇所の換装により修理を行いましょう。

ファイルの削除ミスによる喪失のトラブルとは?

また、RAIDシステムは落雷や水害、火災といった災害にでも遭わない限りは、
そうそう簡単にはディスクアレイ全体が物理的に同時に壊れることはありません。

そのかわり、RAIDのハードディスクすべてに同じデーターを保存する仕組みのため、
フォルダーやごみ箱の必要なファイルを間違えて削除したり、
大事なソフトウェアをアンインストールして消去すると、全部のデータが同時に消えてしまいます。

ボリュームから間違えてファイルを削除したら?

次に、RAIDのシステムのボリュームから間違えてファイルを削除してしまった時に、
Redundant Arrays of Inexpensive Disksから喪失したデータをサルベージする場合について。

もし、急なRAIDのトラブルで予備のデータがバックアップできなかった時は、
ひとまずそれ以上は、通電によるストレージの稼動を控えてください。

RAIDのハードディスクのスキャンができる、ファイナルデータシリーズなどのファイル復元ソフトウェアで、
消えたフォルダーの箇所をスキャンして、
なくなったファイルが検出できたら、サルベージの作業を実行してみる方法もあります。

また、RAIDのボリュームから誤ってファイルを削除して喪失した場合は、
専門事業のデータリカバリーサービスにストレージを提出して、復元をしてもらうこともできます。




データ復旧サービスでサルベージをしてもらう

次に、物理障害に高い耐性がある反面、論理障害には無防備であるため、
他の外部記憶デバイスにも定期的にバックアップデータを取リましょう。

もしハードディスクケースの回路が故障してストレージが開けなくなったり、
OSが破損して読み込み出来なくなっても、バックアップさえあれば、
他のパソコンから喪失したデータファイルをサルベージすることも出来ます。

もし、ソフトウェアの機能の診断で何も検出できなくて、大事なファイルを失った時は、
RAIDのハードディスクを一台、またはすべて取り外して、プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
なくなったファイルの拡張子の痕跡からの、修復作業を行ってもらわれることをおすすめします。