電子辞書や電子手帳のデータが見れない時に復旧するには?

お使いの「電子辞書」(electronic dictionary)や「電子手帳」(electronic organizer/note)、
またはそれらの機能が搭載されたノートパソコンなどの電子媒体が、持ち歩き中などの時に、
水濡れ・水没してしまったり、しばらく使っていないうちに電源が起動しなくなった場合、
そんな時にはどうすれば、SDカードなどに保存していたファイルを復旧することができる?という疑問について。

電子辞書や電子手帳が故障した時にSDカードは無事?

まず、電子辞書(エレクトリック・ディクショナリー)や電子手帳(エレクトリック・ノート)の、
液晶モニターが割れたり、操作入力キー(ボタン)が割れて画面からデータが見れない時に、復旧をする方法について。

ひとまず、液晶のディスプレイが破損しただけで、まだ電子手帳や電子辞書の電源が付く場合でしたら、
中身の機能や、個人用のデータが保管された、SDメモリーカード部分の回路は無事であることも多いです。

電子計算機(electronic branch exchange)自体は、
メーカー先のカスタマーサポートの、修理サービスの受付に出して故障を直してもらうか、
あるいは初期不良の場合などでは、新品に交換してもらうことで解決できます。

ですが、使用しているSDメモリーカードなどの中身のデータの方までは通常、
メーカーの方では、見れなくなったファイルの読み出しの復元サービスまでは行われていません。

そのため、特殊な方法でファイルを復旧するか、専門のサービスに注文をする必要があります。




機器の故障でデータが見れなくなったら?

次に、熱や湿気、錆、土汚れ、強い衝撃や踏み付けなどの原因で電子辞書や電子手帳が故障してしまうと、
起動ができなくなったり、今までに書き込んで記録していたデータの内容が、全部見れなくなってしまいます。

基本的に電子辞書や電子手帳は、パソコンなどのコンピューターでは、
内部のシステムやデータに接続ができない製品になります。

そのため、正常にデータが見れなくなった時は、各メーカーのコンピューターの修理サポートにて、
本体の故障を直してもらい、起動の状態を復旧してもらわれることをおすすめします。

SDメモリーカードをカードリーダーに接続して読み込む

次に、電子手帳や電子辞書の製品の本体が故障してしまっても、メモリソケットに差し込みしている
「SDメモリーカード」の方は特に問題がなく、壊れていない可能性もあります。

ひとまず電子計算機から、SDカードを抜き出して、パソコンにUSBカードリーダーから差し込んで、
保存したデータが読み込めるかどうかを、確認されてみてください。

また、例えばCASIO(カシオ)の修理依頼前のご確認など、各メーカーごとの解説も参考までに。

microSDXCメモリーカードなど、比較的最近に登場したストレージの場合は、
USBカードリーダー・ライターの方も、対応された新しい製品である必要があります。

間違えて削除したファイルをデータ復元ソフトで修復する

次に、メモリーカードに保存していた必要なファイルを誤って削除してしまったり、
間違えてフォーマットをかけて全部消去してしまった、という場合に、復旧する手順について。

まず、市販のデータ復元ソフトを購入して、パソコンにインストールします。

そこから、メモリーカードにスキャンを掛けて、拡張子の痕跡を検出して、修復できる見込みもあります。

また、電子ファイリングの新規データ入力中にトラブルが起きたら?という疑問については、こちらのページにて。

SDカードのファイルを間違えて削除してから、自身では開けそうにない場合には、
専門のデータリカバリーサービスにて、復旧をしてもらうこともできます。




データ復旧サービスでリカバリーをしてもらう

しかし問題は、水没や強い衝撃・圧迫による大破などで、完全に電子機器が破壊されてしまった場合、
特にメモリーカードやUSBポートを通してPCに接続してバックアップができない旧型の電子辞書などは、
一度壊れてしまうと内部のデータが全損してしまう危険が高いので、注意が必要です。

故障で電源が入らない時は、無理に何度も起動させようとすると、かえって状態の悪化に繋がることもあります。

その際に、読み込みなどのトラブルが発生した時のための、メーカー先のサポートで修理をしてもらいましょう。

また、SDメモリーカードが破損して開けなくなり、自身では修復するのが難しそうな時も、
プロのデータ復旧サービスに注文をしてリカバリーの作業をしてもらうことが、安全な解決方法になります。