データリカバリーサービスに依頼をした方が安い時も多い?

パソコンのハードディスクドライブやSSD、サーバ、NAS、RAID、USBメモリといった
周辺機器などに保存した後で操作ミスにより消えてしまったデータを復元したり、
ハードウェアのどれかが故障して読み込みできなくなったファイルを復旧する方法は、
中には一般個人でも試行ができる様々な技術があります。

しかし、やはり最も成功率が高くて確実的な方法はやはり、プロフェッショナルの
[データリカバリーサービス](復旧業者)にて注文をして適切な診断を受けることです。

90%以上と非常に高い復旧率を誇るサービスも数多く、
どのような故障でも迅速かつ確実に対応してもらえます。

川崎市

すぐに復旧依頼をした方が安価の時も?

ウィンドウズのエクスプローラーやMac OS XのFinderで間違えて消去した拡張子の
データ復旧は、自分自身でも専用のソフトウェアなどを使って行う事ができます。

しかし、重度の論理障害(データのエラーや破損で読み込みできない場合)やパソコンウィルスの
感染などにかかった場合、あるいは消去されてからは相当時間が経っていて拡張子の痕跡が
上書きされて、データ復元ツールから開かないことも大変多くなります。

かえって結果的に料金や時間、手間が結果として余分にかかってしまうこともあり、
プロのデータ復旧サービスにて直してもらう方が早いことも多いです。





また、ハードディスクドライブやSSD、USBメモリ、SDカード、メモリースティックなどの記憶装置自体が
ショートや衝撃などで物理的に故障してしまうと、BIOSやデバイスマネージャーからの認識が
正常にできなくなり、復旧プログラムからも読み込めなくなってしまうケースも多いです。

また、パソコンや外付けHDDケースが故障した時、かわりに別の外付けHDDケースなどが必要になります。

アップル社のMacintoshパソコンの場合はPCケースの蓋を開けるのに専用の細い特殊な星形の形状の
ドライバーや、中身の特殊な形のフラッシュメモリを読み込みする外付けケースなどが必要になります。

問題の状況によって復旧ツールを購入して消えたデータを復元できるか、専門の
データリカバリーサービスでなければ回収できそうにないか、ここが判断の分かれ目で難しいところですね。

データリカバリーサービスは重度の障害や機器そのものの故障からの復旧作業など
多くの問題に対応されていて、大変便利で信頼性の高いサービスです。



『「修復料金・価格」のカテゴリーの前後のページ』

«

»