SDカードが故障した時には修理できる?

SDメモリーカードとは主にデジタルカメラや携帯電話などのモバイル機器の端末や
USB2.0カードリーダー/ライターを通して使うパソコンのファイル保存・移動に
使用される、小型のデータ記録用のメモリーカードの製品です。

SDカードの種類には、SDメモリーカード、miniSDカード、microSDカード、
SDHCメモリーカード、miniSDHCカード、microSDHCカード、SDXCメモリーカード、
microSDXCメモリーカード、SDIOカード、miniSDIOカード、microSDIOカードなどがあります。

SDカードのデバイスが認識しない状態とは?

主な使い方としてはデジカメやケータイのメモリ―カードの差込口に差し込んで写真画像や
ビデオムービーのファイルなどを書き込んだり、バックアップコピーをするのに使っていきます。

しかし長く使っているうちに、外出で持ち歩いている最中に強い衝撃を受けたり、異物が混入したり、
書き込み回数の限度が近づいてきて老朽化していくなどの何らかの影響でSDカードが
認識しない状態になって、ファイルを保存したり閲覧することができなくなってしまう場合があります。




SDメモリーカードの主なメーカー商品

:Transcend(トランセンド・ジャパン) SDHCカード Class6 4GB TS4GSDHC6
:Kingston(キングストンテクノロジー)microSDカード 2GB SDC/2GB 永久保証
:Panasonic(パナソニック) SDメモリーカード 2GB RP-SDP02GJ1K
:東芝(TOSHIBA)SDHCカード 8GB クラス10 MADE IN JAPAN 海外向けパッケージ品
:SanDisk(サンディスク)SDカード 2GB スリムパッケージ SDSDB-2048-J95
:PLANEX(プラネックス)microSDカード2GB PL-MicroSD2G
:TDK SDHCカード 32GB Class10 (5年保証) T-SDHC32GB10-A
:シリコンパワー SDメモリーカード 80倍速 1GB 永久保証 SP001GBSDC080V10
:SONY(ソニー) SDメモリーカード 2GB Class4 SF-2N1
:BUFFALO(バッファロー)CLASS10対応 SDHCカード8GB RSDC-8GC10

どの機器が故障しているかを確認するには?

まず、SDカード自体が故障しているか、またはケータイやデジカメ、カードリーダー、
もしくは読み取るパソコン本体に異常が出ているかをすぐに確認するには、
別のSDカードをもう一枚購入して用意し、そちらと差し替えて見るとわかります。

別のカードを挿入しても同じく認識されないなら読み取り装置の方に異常があり、
普通に読み取れる場合は前のSDメモリーカードが故障していることになります。

(SDXCメモリーカードなどの新しいカードは古い電子機器に対応できない
場合もありますので、購入される前には使用環境をよくご確認ください。)

「書込み禁止になっています」のエラーメッセージが出たら?

カードに異常があります」「書込み禁止になっています」といったエラーメッセージが
出てきた場合、読み取り専用になっていないかどうかをプロパティ画面でチェックします。

エクスプローラーからボリュームのアイコンを右クリックして、ツールのタブにある
エラーチェック、最適化をしてみると、軽いエラーや断片化くらいでしたら修理ができることもあります。

そうでなかった場合は物理的に使用できない状態になっている可能性が高いです。

データ救出サービスで復元してもらう

数千回、数万回とファイルの書き込みを続けて老朽化して寿命が来ていたり、
水分や小さなゴミなどの異物が混入しておかしくなっている場合は
個人で修理するのは難しくなるため、新品に交換された方が良いでしょう。

もし中にまだ写真などの大事なデータが残ったままである時は、
専門のデータ復旧サービスセンターに壊れたSDカードを出して、
中身のデータを他の記録装置に移し変えて回収してもらうこともおすすめします。