セキュリティホールの欠陥を修正する対処方法とは?

コンピューターのソフトウェアプログラムにはセキュリティホール【security hole】と呼ばれる、
システム上の穴とも呼べるバグや欠陥・安全性的な盲点などが存在します。

これらの穴を通して悪質ユーザーから勝手にネットワークを介して
侵入されたり、ウィルスプログラムやスパイウェアを植えつけられて、
運が悪ければ重大な被害の発生しかねない攻撃に遭う可能性もあるのです。

セキュリティー上の安全対策手段

これらの被害を防ぐためにはセキュリティ対策を強化するだけでなく、アプリケーションソフトウェアや
OSのアップデートを日々、頻繁に自動または手動で行っておく必要もあります。

例えばWindowsのOSの場合、最新のバージョンにアップグレードをされると
セキュリティが強化され、危険の回避能力が向上します。

またそれまで発見されていたシステム上の不具合も数多く修正され、起動時に出る警告画面の表示も少なくなります。

ウイルス対策ソフトウェアやネットワークに直接関わるアプリケーションは
特に頻繁に最新版へのアップデートを行いましょう。




プログラムの穴部分に侵入される危険の回避

アンチウイルスソフトは古いプログラムデータのままにしておくと新型の有害ファームウェアや
ネット犯罪の防止に対処しきれないことも多く、また更新サービスもそのうち
行われなくなりますので、アップデートや最新バージョンへのアップグレードをする必要があります。

新しい年度のバージョンに毎年アップグレードされるのも大変有効です。

逆に古いバージョンのOSやプログラムはサポートが不十分であったりプログラムの穴も
出ている可能性も高く、またオンラインサービスが終了している場合がありますので、
なるべく新しいバージョンのソフトを使用されることをお薦めします。