SIMカードやUSIMカードから電話番号のアドレス帳の復旧

第3世代携帯電話を中心に導入されているICカードである、

・SIMカード(Subscriber Identity Module Card)またはシムカードをベースにした
・USIMカード (Universal Subscriber Identity Module Card・ユーシムカード)、
・UIMカード(User Identity Module card・ユーアイエムカード)には、

携帯電話番号をはじめとする契約者情報やアドレス帳などのデータが記録されています。

主なシムカードには、au・ICカード、Docomo・FOMAカード、などがあります。

ケータイが水濡れや圧迫により故障してしまったり、入力ミスによるデータを全消去してしまった場合でも
SIMカードまたはUIMカードが無事であれば、中身の記録を復旧させられる見込みが残っています。

まずは『SIM Card Spy Elite』という専用のUSBカードを携帯に挿入して
SIMカードを読み込みする方法があります。データの吸出しだけでなく、バックアップもUSBで行えます。

しかし最近のコンピュータの端末や他、ユーシムカードに電話番号のアドレス帳や
契約者の登録内容を記録していない電子機器にはSIM Card Spy Eliteを使う事は
基本的にできませんのでご注意ください。

日本ではキャリアの全端末で使える機種が限られていますので、
入手をされる前にはよくご確認をされてみてください。

また、PLANEX(プラネックス)の
microSD/SIM(FOMA)カードリーダー/ライターUSB2.0 PL-CR101U』といった
読み込み専用機器からパソコンにつなげてバックアップを取る方法もあります。





しかし今やケータイはご存じ、ドコモ・エーユー・イーモバイル・ウィルコム
といった会社やその機種によって相当な数の種類があります。

10年以上前の製品から最近のものなど様々なコンピューター機器があり、
USIM/UIMカードが読み込めない場合も多いかと思います。

そんな時には、販売会社のサポート窓口に持っていって内部の登録データ
読み取って復旧してもらえるかどうか確認をしてもらいましょう。

また、専門のデータ復旧サービス業者でしたら、壊れた機材やデータ記憶装置、やその他の
保存媒体から電話番号のアドレス帳やメール、写真画像、アプリケーションといった
今まで溜めていた大事な記録データの取り出しをしてもらうことも出来ます。



『「リムーバブルディスク」のカテゴリーの前後のページ』

«

»