非表示になったファイルを復元してデータ復旧をするには?

Windowsのパソコンのエクスプローラーの画面や、MacintoshパソコンのFinderの画面から
間違えて必要なファイルを削除してしまうと、その画面上では非表示の状態になって開けなくなります。

また、フォルダーの内部のファイルだけでなく、クイックフォーマットや再インストールで
補助記憶装置のボリュームごと、またはオペレーティングシステムごと消去すると、
それまでに保存していたすべての個人用ファイルが非表示になります。

その場合、後からファイルを復元することはできる?という疑問について。

フォルダーから非表示になったファイルはまだ復活できる?

まず、表示の上ではファイルがフォルダーから消えているのですが、そこからあまり
新しいファイルを上書きしていなければ、まだハードディスクやメモリーカードの
「セクタ」には、拡張子の痕跡データが残っている可能性が高いです。

※ネットワーク上のレンタルサーバにあるデータベースから削除した場合は、
 ゴミ箱フォルダー以外では個人ユーザーでは難しいことが多いのでご注意ください。

電子クライアントメールを使用していて、パソコンやクラウドストレージに
データをバックアップした状態で、ゴミ箱から間違えて削除してしまったものは、
フォルダーで非表示になった状態からメールを元に戻せる?という場合は、

まず、『上部のメニュー』で エクスポートしてDドライブや外付けHDD/RAID、NASなどに
バックアップデータを取っていれば、ファイルを『インポート』で取り込んで復元できます。

バックアップでのメールの予備データを取っていなくて、ごみ箱からも消してしまった場合は、
Macの「Time Machine」などで、少し前の状態にパソコンを戻すと復旧できる可能性もあります。

また、上記のようにまだファイルの痕跡がハードディスクに残っている可能性もあります。

ローカルディスク(C:)は、常にデータが上書きされていくので、できるだけ早いうちに
専門のデータ復旧サービスに注文をされてみることを推奨します。




データ復元ソフトを使って拡張子を読み出す方法とは?

次に、小型のノートパソコンを使っていて、Windowsのアップデートやカスタマイズを
実行したところ、インストールしていたユーティリティーをアンインストールして、
フォルダーに保存していたデーターが一緒にアンストールされてしまい、
こういう時、あとからデータ復旧をすることはできる?という疑問について。

まず、ノートパソコンをUSBケーブルでパソコンのUSBポートに接続して、
次に有料のデータ復元ソフトでおすすめの「ファイナルデータ」などをDVDブートで開いて、
「ファイルの復元」または「高度な復元」の機能で、外部ドライブのフォルダーを読み取ることができます。

しかし、アンインストールで丸ごと消去して非表示になった後では、
データ復元まで成功できる確率は少し安定しない点もあります。

ノートパソコンを読み取りして試用体験版でのスキャンを試してみたら、
削除したファイルだけでもすべてはスキャンできなかった、ということもあります。

こちらも、お使いのノートパソコンの製品に対応されている、データリカバリーのサービスセンターで、
論理障害での対応として復旧の注文を請け負っていただくこともできます。




スマートフォンやタブレット端末のメールを復元するには?

次に、スマートフォンやタブレット端末といったモバイルコンピューターを使っている際に、
OSで不具合が多発しており、大切な受信・送信・下書きの電子メールが消えてしまい、
そこでパソコンからメールの復元をすることはできる?という疑問について。

まず、メールの専用のアプリケーションをお使いの場合は、搭載されたSDカードなどに
「エクスポート」や「バックアップ機能」でメールを保存していれば、
そちらから「取り込み」で、インポートして元に戻すことができます。

またGoogleドライブといったクラウドストレージのサービスに登録していて、
ネットワークのディレクトリに自動的にバックアップメールを送信するように設定していれば、
リカバリーしたコンピューターに、そちらから送信してデータを復旧することもできます。

SDカードからデータを削除してしまった時に元に戻すには?

次に、microSDカードなどに保存していた写真画像や電子メールといったデータを、
誤って削除したり、初期化して抹消してしまった場合の対処について。

こちらも、ファイナルデータなどのパソコン用データ復元ソフトウェアなら、
リムーバブルディスクでSDカードを読み込ませて、パソコンでスキャンをかけて、
フォルダー上では削除されて非表示になったファイルも、修復を実践することができます。

あるいは、クラウドストレージに自動でバックアップの分を転送する設定をされていたら、
サービスのウェブサイトにサインインして、ファイルマネージャーをチェックされてみてください。

ですが、端末の本体の内蔵フラッシュメモリーのみにしかメールを保存されていなかった場合は、
一般の個人では少し難しくなります。

ご利用されているメールクライアントの管理センターで、まだメールのログが
保管されているかもしれないので、お客様サポートの受付サービスの電話かメールに、
一度問い合わせをして、復旧に対応できるかを訊かれてみることも、ひとつの選択です。

誤って削除したファイルをデータリカバリーサービスで復旧してもらう

また、まだ必要なファイルを誤って消去してしまい非表示になった後は、
それ以上新しいファイルを上書き保存すると、痕跡のデータが徐々に消えてしまうおそれがあります。

そのため、新しいアプリケーションソフトのインストールなどは、一旦お控えください。

また、より確実に失ったファイルを元に戻すには、やはりお使いのコンピューターの機器に対応されている、
専門業者のデータ復旧サービスへ、リカバリーの注文をされてみることをおすすめします。