Outlookメールをバックアップしたデータから復旧するには?

アメリカ合衆国の企業の、Microsoft社(マイクロソフト)にて開発された電子メールのソフトウェアである、
Outlook(アウトルック)をお使いの際に、何かのトラブルでデータが失われるのを防ぐために、
ひと通りのメールなどのデータをエクスポートでバックアップして、また後で復旧をするには、
どのように操作をすればいい?という疑問について。

Outlookのメールデータを保護するには?

まず、もしも急にデスクトップパソコンまたはノートパソコンのOSが破損して、
Windowsの画面を開けなくなったり、内蔵ハードディスクドライブやSSDが故障してしまい、
内部のメールデータが読み込めなくなった時のために、予備のファイルを備えて保護しておくことが重要です。

貴重なメールのメッセージは、しっかりと別の補助記憶媒体にバックアップを取って、
Outlookで送受信したEメールの、予備のデータを保存していくことも大切です。

万が一、インターネット上のファイルを間違えて削除したり、
HDDが壊れるなどの、重度のハードウェアの障害が出たとしても、
コピーした予備のファイルがあれば、また直ったパソコンの方で閲覧ができます。

故障したPC自体は、基本的にパソコンの修理サービス店で修復してもらうことができます。




ファイルのエクスポートでバックアップをする手順

次に、Microsoftのアウトルックのメールのバックアップを行う手順について。

まず、デスクトップの画面またはスタートメニューのアイコンから、Outlookの起動画面を開きます。

「ファイル」⇒「開く/エクスポート」⇒「インポート/エクスポート」と進みます。

バルーンの一覧にあります「ファイルにエクスポート」を選択して、「次へ」を押します。

「Outlookデータファイル(.pst)」または「テキストファイル(カンマ区切り)」を選択して、「次へ」と進みます。

エクスポートするフォルダーの選択画面で、「受信トレイ」「送信トレイ」などの、
バックアップしたいメールデータのフォルダーを選択して、「次へ」をクリックします。

ここでは、外付けハードディスクドライブやDVD-Rなどの場所をなるべく選択します。

エクスポート先のフォルダーとファイル名を決定して、「次へ」⇒「完了」と進むと、
パソコン上のディレクトリの内部か、外部のストレージに、ファイルがバックアップされます。

保存されたpstファイルまたはCSVファイルを開いて、正常にデータが閲覧できれば、バックアップに成功です。

メールデータをアウトルックにインポートする手順

後に、Outlookメールで扱っていたデータを失うトラブルが出て、ファイルが必要になったら、
今度はまた、「ファイル」⇒「開く/エクスポート」⇒「インポート/エクスポート」と進みます。

「インポート/エクスポートウィザード」のバルーンで、
「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択して、「次へ」を押します。

前にアウトルックでエクスポートした、pstファイルかCSVファイルの項目を選択して、「次へ」と進みます。

インポートするファイルを選択して、「重複するアイテムはインポートしない」を選択して、「次へ」を押します。

受信トレイや送信トレイなど、メールデータを復旧する場所のフォルダーを選択します。

そして「次へ」をクリックして、「完了」を押すと、ファイルが復元されます。

ほか例として、 Outlookでの、電子メールをバックアップする の解説も参考までに。

また、ExcelやWord、PowerPointといったオフィススイートで間違えて削除したデータも、
自動保存の機能やBAKファイルから、後で復元できる見込みがあります。

または、専門のデータ復旧サービスセンターにて、リカバリーを行ってもらうこともできます。




Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)の場合

次に、Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)のメールのバックアップを行う手順について。

まず、デスクトップの画面またはスタートメニューのアイコンから、Outlook Expressの画面を開きます。

メニューバーのツールからオプションを開いて、メンテナンスのタブを押します。

次に出る『保存フォルダ』に、メールのファイルを保管した、
Documents and Settings(マイドキュメント内のフォルダー)などの場所が表示されます。

このフォルダーのパスの文章のデータを、メモ帳やWordに書き込みします。

「マイコンピューター」からCドライブを開いて、先ほどの保存フォルダーを表示します。

そして、外付けHDDやRAID、NAS、DVD-RやRAMなどのディスクに、
フォルダーごと、または内部の.DBXファイルをコピーして貼り付けます。

そして、パスの書かれたテキストファイルも、外付けのストレージに名前を付けて保存して、
データファイルのバックアップが完了です。

また、Outlook Expressの受信、送信メールを復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

電子メールクライアントのソフトウェアでは、自宅または自社で使うパソコンから、
インターネットのプロバイダで契約して使用しているメールアドレスのデータを、
送信・受信・下書き保存などを行って、メールデータのフォルダーで、
文書や添付の画像、PDFのファイルなどを管理して、使用していくことができます。

このソフトウェアのバージョンによっては、上記の各メニューの表記が多少変わっていたり、
フォルダーが隠し設定になっていてすぐに見つからない時もありますので、細かい部分にもご注意ください。

データ復旧サービスで消えたファイルを復元してもらう

もし、電子メールの手動でのバックアップデータを取る前に、ハードディスクが故障してしまったり、
中身のすべてのファイルが読み出しできなくなったり、誤って削除して見れなくなった場合には、
ひとまずゴミ箱フォルダーや、標準機能の自動バックアップの保存先のフォルダー、
またはクラウドストレージなどの場所で、消えたメールの予備があるかどうか、一通り確認されてみてください。

それでもOutlookのバックアップのファイルがなかった場合には、プロのデータ復旧サービスセンターに、
パソコンまたは壊れたHDDや外部のメモリーカードなどを提出して、中身の回路の分解と抽出により、
内部のファイルの回収や、消去ないし破損したメールの拡張子の復元の作業をしてもらわれることをおすすめします。