Windows Meのファイルシステム復元機能とは?

少し前の世代のマイクロソフトウィンドウズのオぺレーティングシステム:
Microsoft Windows Millennium Edition【Me】ことマイクロソフトウィンドウズ・ミレニアムエディションは、
システムリソースが多く占有する仕組みのためフリーズ(ハングアップ)や
ブルースクリーンのエラートラブルが発生しやすいという難点もありました。

しかしWindowsMEには、98や95など以前のヴァージョンにはない、システムファイルの保護機能
Windowシステムファイルプロテクション】が搭載されています。

うっかり一部のOSプログラムを削除してしまったり強制シャットダウンや停滞等の影響で
壊れてしまってもこのWindowシステムファイル・プロテクションというツールを用いて
MEの復旧や内部データーの改修、復元などの対処を試みる事が出来ます。





・WindowsのME復元の実行にはまず、ウィンドウズ画面下の
【スタート】メニュー⇒プログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒システム情報、と進みます。

・ツール⇒システムファイルチェッカーを選択し、【設定】をクリックします。

・【削除されたファイルを確認する】をオンにし、OKを選択。
・【変更のあったファイルをスキャンする】をオンにし、開始を選択。

・【ファイルの破損】のダイアログ画面で、[以下のファイルは壊れている可能性があります。]
という警告が表示されましたら、[ファイルを復元する]を選択して、OKを押します。

Windows98のインストールCDをドライブに挿入し、復元元には【D:\WIN98\】と入力し、OKを押します。

しかし、MEのOSの破損状態が深刻で、アクセサリのツールが使えなかったり、
Windowsが開けない、CDソフトウェアが読み込めない、といった場合には、
パソコンの修復サポートセンター等に診てもらわれる事をお薦めします。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»