データ復旧の依頼が24時間対応で申し込めるサポートとは?

パソコンやサーバー、また外付けHDDやSDカードといった外部のデータ記憶装置は、
いつ急に故障してしまったり、間違えてファイルを削除してしまうトラブルが発生するかわかりません。

主にPC本体や外付けハードディスク、USBメモリ、デジタルカメラなどの機材を使用されていく際に、
やはり多くの人が勤務中・活動中である昼間での時間帯が多い傾向にあります。

ですが、近年では朝方、日中、深夜と、仕事や活動をされる時間帯も皆、業種や生活サイクルの違いで様々です。

そこで、データ復旧のサポートを実施されている会社にて、24時間での依頼の受付に対応された、
申し込みの際のサービスとは、どのようなものがある?という疑問について。

24時間での対応が行われた緊急時の受付サポートとは?

まず、夜間や日曜日、祝日・祭日、大晦日や正月の年末年始、お盆といった休みの多い時間帯にも、
日本全国では今や、個人・法人を問わずに様々な場所で、電子機器の取り扱いが常時行われています。

夜中に自動で、PCにデジタル上の作業を行わせていくこともありますし、
サーバーやワークステーションといった、ネットワークに常時接続したり業務作業を続けている、
多くの電子機器に至っては、24時間365日でマシンと内蔵のハードディスクを稼動させていることも多いです。

そんな時に、急にPCの電源が落ちたり、緊急時にハードディスクドライブが故障してしまう、
またシステムエラーが発生してファイルが壊れてしまう、といった急なトラブルが起きた時のためサポートで、
24時間いつでもデータ障害からの回復のご相談と、注文の受付に対応されているデータ復旧の会社も数多くあります。




データ復旧とパソコン修理の併用でのサービスもある?

次に、まず簡易的なデータ救出のサポートを併用で実施されたパソコン修理の業者には、
主にWindowsのパソコンで使用する、Microsoft OfficeのExcelやWord、PowerPoint、Outlook、
といったソフトウェアで扱うファイルや、macOSやLinuxのパソコンで使用しているデータが、
急に消えてしまったり破損してしまう、「論理障害」のトラブルにのみ対応されているところが多いです。

一方、データ復旧の専門の事業であるサービスセンターの方は、パソコンのハードディスクのほか、
RAIDケースやサーバ、USBメモリ、SDカード、またTeraStationやLinkStation、LANDISKといったNASなどの、
各種のコンピューターや補助記憶装置などの回路が故障してしまう、「物理障害」のトラブルにも、
本格的にデータのサルベージの申し込みで、常時お問い合わせに対応されているところも多くあります。

例として、データ復旧のアドバンスドテクノロジー 様での、緊急対応プランの解説も参考までに。

なお、お問い合わせのタイミングが夜中の場合は、24時間のサポートで注文をしてから翌日の朝以降に、
対象の機材をデータ復旧サービスに、郵送で提出する間の時間が必要になる場合もあります。




深夜や年末年始の時間でも申し込みをすることはできる?

次に例として、AOSデータ復旧サービスセンター(DATA119)といった、年中無休、24時間の対応で、
受付を実施されているデータ復旧サービスは、主に大手センターの企業が中心になります。

必ずしも最寄りの店舗が、深夜の時間帯や年末年始などで24時間365日の常時、
電話の申し込みでの受付を行われているとは限りません。

後日でもよいので、先に注文の問い合わせをしておきたい、という際には、
電子メールフォームやFAXでの送信を受け付けている事業所も多いです。

各店舗・業者によって、営業時間帯の幅も異なります。

夜間や休業日は受付をしていない店舗や、電話やメールによる自動録音通話で、
営業日での相談の予約のみ営業時間外に受け付けをされている会社と、様々になります。

また、データ復旧サービスの価格も比較してみるとお得?という疑問については、こちらのページにて。

例えば、パソコン修理店と併用でデータの復元サポートが受け付けられているサービスでは
簡単な論理障害からのファイルの拡張子の修復や、パーツの交換、バックアップの作業のみ、
朝から夕方まで、という具合に、定期の時間帯のみで受け付けているサポートもあります。

緊急時には、24時間365日で相談・診断・見積もりを受け付けている、また出張のサポートを実施されている、
専門業者の方のデータ救出のサービスセンターにて、復元の対処をしてもらうことができます。




参考例:「デジタル・データ・リカバリー」様の企業実績の一覧。

ドコモの携帯電話やAppleのiPhoneのデータを復元するには?

次に、メーカーの企業で実施されているインターネットを通したバックアップと復元のサービスは、
サーバーのメンテナンスの時間帯を除いて24時間365日、いつでも使用することができます。

一例としまして、NTTドコモ(docomo)のスマートフォンやガラケーの携帯電話では、
ドコモデータコピーといった、バックアップと復元のサポートが用意されています。

またApple社では、iPhoneやiPad、またはMacBookといったパソコンで幅広く使用できる、
iCloudというクラウドストレージのサービスなどが、Apple IDから使用をする形で提供されています。

これらにサインインをして、24時間でいつでもウェブサイト上のディレクトリから、
誤って削除したり壊れてしまったファイルを引き出す形で、自身で必要なデータを救出することもできます。

地方に居住・通勤をしている時に機器を送付するには?

次に、地方にお住まい、またはお勤めの方で、夜間や年末年始といった時間帯での緊急時に、
HDDやメモリーカードといったコンピューターの機器の、データ障害に遭われてしまった場合での修復について。

まず、居住をされている住宅や通勤をされている事業所から、
近場のサポートの方に注文をされてみる際には、24時間での依頼の受付サポートがない場合は、
翌日の営業時間まではひとまず申し込みまで機器を動かさずに待ってみるのも、一つの選択です。

近くに営業所がある店舗から、出張でのサービスで訪問をしてもらえるサポートもあります。

一方で、特に機材が物理的に深刻な故障をしてしまった時は、ある程度自宅や自社から遠くても、
24時間の受付対応をされているデータ復旧サービスの業者の方に、お問い合わせをされてみることも推奨します。

申し込みの後に、壊れた電子機器を配送サービスから送付をして、
ストレージの検査とデータ復活の作業をしてもらうことができます。