RAID5(レイドファイブ)の削除データを復旧するには?

複数のハードディスクを組み合わせて運用するRAID5(レイド・ファイブ)で、
うっかり必要なデータファイルを削除してしまった時は、どうすれば復旧ができる?という疑問について。

ゴミ箱のフォルダーからRAID5のデータを元に戻す

まず、RAIDはmacOS/Mac OS Xのパソコンに接続して使っている時は、
HDDやSSDの補助記憶装置(オーグジュアリ・ストレージ)から誤ってファイルを削除しても、
Macintoshパソコンの方にあるDuckの右側のゴミ箱のフォルダーに移動しますので、ここから復旧できます。

また、Windowsのパソコンの場合も、外部のデータ記憶デバイスから削除したファイルは、
ローカルディスクであれば、一度ゴミ箱に移動しているので、後からファイルを「元に戻す」で復元することができます。

RAID5のハードディスクだけでなく、事前に別の外付けHDDやクラウドなどにも同じデータを保存していた場合は、
そちらからファイルをいつでも復旧できるので、貴重なデータを失うリスクも低くなります。

削除したファイルをデータ復元ソフトで元に戻せる?

ハードディスクドライブやSSDに保存された拡張子を間違えて消去してしまった際、
直後の段階であれば、多くの場合、まだファイルの「痕跡」の拡張子のデータが残っています。

市販の『ファイナルデータ』や『完全データ復元PRO』、『データレスキュー』などの
データ復元ソフトウェアを購入して、パソコンにセットアップするか、DVDブートで起動して、
RAID5をドライブスキャンすることで、ある程度まで個人での修復が可能です。

NAS(ネットワーク・アタッチ・ストレージ)のRAID5の場合は、ファイルシステム(File System)が
XFSといった、WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderなどでは開けない形式のため、
対象の電子機器(electronic hardware)を、プロのデータリカバリーサービスで見てもらうことを推奨します。

パソコンのパーツのスペックはなるべく高いものにする

RAID5は、いくつかのハードディスクを一つの大容量HDDとして組み合わせて構築した保存システムで、
RAID1(レイドワン)よりさらに効率的な媒体として容量の大きいデータの保存などに優れています。

しかし、RAID(リダンダント・アレイズ・オブ・インエクスペンシブ・ディスクズ)に保存していた
データの量が膨大になりがちなため、復元の作業には数時間~数十時間と、それなりの時間がかかるので、
パソコンのスペックが低いと、RAID5のデータ復旧の作業が困難な時も多くなります。

メモリやCPUが十分な性能で余裕のあるマシンでの、ディスクスキャンの作業を推奨します。

RAID5のハードディスクが故障した場合は?

RAIDのシステムを構築するハードディスクのうち、一つが故障しても、
他の2~3個のハードディスクが無事なら、壊れた1個を新品と入れ替えることで、
リビルド機能が作動して同じデータがコピーで書き込まれて元通りになります。

またRAID5の復旧には、片方のHDDのグループが無事でも、もう片方が破損している場合は、
すぐに故障したハードディスクを交換して取り替えておくようにしましょう。

RAID5が故障した時のデータ復旧をする方法については、こちらのページにて。

ハードディスクが2つ以上同時に故障してしまったり、1つが動かなくなってから交換する前に他のもう一つが
故障した場合は、通常では元に戻せない可能性が高まりますので、十分に取り扱いにご注意ください。

データ復旧サービスにて壊れたRAIDを見てもらう

もし記憶媒体(Memory Medium)のハードディスクのうち複数が同時に、強打や水没、ショートといった物理的な破損により、
RAID5そのものが完全に開けなくなってしまった場合は、自分で修復(repair)をするのはほぼ不可能です。

また、RAID5に書き込み(Writing)していたファイルが、消えた時の復元も、個人でできることでは、
スキャンで検出できなかったり、拡張子が破損した状態で復旧されることもあります。

その際には、やはり、専門のデータ復旧サービスセンターにお問い合わせをされてみるのが、最も確実な方法です。