SASのハードディスクが故障した時は復旧できる?

SAS(サス-Serial Attached SCSI シリアルアタッチドスカジー) とは
小型計算機システムインターフェース(SCSI-Small Computer System Interface
読み:スモールコンピューターシステムインターフェース)の新型機種として
登場した規格で、主にハードディスクやサーバのシステムに採用されています。

パラレル伝送からシリアル伝送に変わり、転送速度の面が大きく向上し、
また消費電力も大幅に削減された新型の小型計算機の製品として、
主に新しいPCやサーバに搭載されているストレージ・インタフェースです。

SASの負荷による破損

SAS-HDDは現在で最も寿命の長いハードディスクドライブなのですが、
サーバやパソコン内での負荷は常にかかり続けるため いつ故障やエラーが
おきてもおかしくありませんので、やはりバックアップを時々行う必要もあります。





また現在は、SAS(読み:さす)はまだ従来のHDDに比べて出荷数が少なく、
インターフェースとの互換性が無いという難点もあります。

そのため、もしSASの故障が起きた場合は自力での修理・修復も困難になりますので
日々負担をかけないように無理をさせずに取り扱う事も大切です。

システムファイルのトラブル

また、Serial Attached SCSIとはいえども、あまり多くUSB機器を接続して一度に認識させすぎるのも、
システムファイルによくありませんのである程度はほどほどに使用するように心がけましょう。

他のハードディスクと同じくSASも、インストールしているOSが壊れている時は
リカバリーインストールをし直して修復ができるのですが、ヘッドクラッシュやモーター軸の破損で
機械が故障すると普通の一般ユーザーでは元に戻すのはほぼ不可能になります。

カバーを叩いたり取り外すのはかえって破損の悪化を引き起こすため控えましょう。

中身のデータ救出

もし急にHDDが破損してしてしまい内部の読み込みができなくなった場合でも、
まだ大手のデータ復旧サービスセンターにてHDD内部を解体してもらう作業で
内部に取り残された貴重なデータを抽出してもらう救出方法があります。

物理障害・論理障害どちらの損壊でも勿論、復元してもらう事が可能です。



『「ハードディスクドライブの救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»