HDDを取り外して入れ替えをしてデータを読み出すには?

パーソナル・コンピューター(personal computer)をはじめとする多くの電子機器には
代表的なデータ記録装置である「ハードディスクドライブ」が組み込まれています。

HDDはもともと消耗品の一種で物理障害により壊れやすい面があり、
内部回路のスイング・アームやプラッタが密着して傷が付くヘッドクラッシュ
物理的にクラスターが壊れる破損クラスターといった故障の影響で
ある日、急に異音が鳴ると同時にデータが読み込めなくなることがあります。

そんな時には、どうすれば内部のデータを読み出しすることができる?という疑問について。

ストレージを取り外してデータを読み出しする方法とは?

まず、パソコンやサーバ、RAID、外付けHDDケース、レコーダーなどの
電子機器の中に搭載されているハードディスクを一旦ケースから取り外して、
新品に入れ替えたり、壊れたHDDのデータを復旧してもらうことで修理を行う必要があります。

またそれ以外に、もっと最大容量の高いストレージの製品に交換したくなった時や、
もう一基のドライブを増設したくなった場合、または新しいPC本体を買って、
そちらに入れ替えしたい場合などでも、換装作業を行うことになります。

また、専用のパソコン関連のサービスにて、サルベージの作業をしてもらうことができます。




HDDを取り外して交換する作業の主な注意点

まず、デスクトップパソコンの場合は、電源を切った状態で、
すべてのコードをコネクタから外してください。

PCケースのネジを指回しかドライバーで取り外して、蓋を取って開きます。

実際に内部パーツの取り外しをする前に先に、
内部の淵やファンのプロペラに溜まった埃やごみを除去していきましょう。

ハードディスクを別の装置に入れ替えをするには?

パソコンケースの中身の構造によって若干異なるのですが、基本的には
ステンレスの止め具部分から固定ネジを外して、
Seagate(シーゲート)といった各メーカーのHDDをスライドさせていくと、簡単に取り外せます。

ですが、ノートPCやケースが小型でスペースの狭いマシン本体だと、
他のパーツや拡張機能の部品に引っかかって取り出しできないことがあります。

その場合は同時にそのパーツも一時的に取り外す必要が出てきます。

ネットブックの場合は蓋が非常に開きにくい構造になった製品も多いです。

モバイル端末機器の場合、一般の個人ではケースを開けられない製品もあります。

密接されたカバーを無理にこじ開けて割ってしまわないように注意してください。

難しい時は、プロのデータリカバリーのサービスで作業を行ってもらうこともできます。




IDEとSATAの方式の違い

次に、E-IDE(パラレル転送方式)のIDEハードディスクの場合は、
コネクタが大きく平らなIDE信号ケーブルを、マザーボードの青色で横に長いIDE用インターフェースと繋げます。

ジャンパピンとIDE用電源コネクタもハードディスクに接続します。

またSerial ATA(シリアル転送方式)のSATAハードディスクの場合は
少しコネクタの小さいSATAケーブルを、
マザーボードにある赤色で小さなSATA用のインターフェースに繋げます。

そして、SATA用電源コネクタをハードディスクに取り付けます。

ハードディスクが認識されているかどうかを確認する

IDEからSATAにHDD製品を入れ替える時は、これらのコネクタの違いと配置場所を、
同梱の取扱説明書などに沿って確認して、付け間違えのないように交換作業を行ってください。

設置作業が終わったらケースカバーを閉じる前に一度コンピューターの電源を入れて、
新しいハードディスクが正常に認識されるかどうかを確認してみましょう。

そして、新しいローカルディスク(Cドライブ)にオペレーティングシステムを
インストールし直してセットアップを行います。

ですが、通常はパソコンでそのまま読み込みできないファイルシステムがフォーマットされた、
特殊な電子機器に内蔵されたHDDの場合は、個人では難しくなるため、
専門のデータ復旧サービスで、読み込みをしてもらわれることを推奨します。

バックアップの分のボリュームを用意する

また、ハードディスクを増設する場合、PCケースの内部にHDDを収納できる空きスペースと
マザーボードの空きコネクタが1か所以上残っているかどうか、先に蓋を開いて確かめてください。

空きスペースがない時は、別の内蔵のHDDから新しいボリュームのパーティションを作成するか、
外付けハードディスクやネットワークドライブなどの、別の外部記録媒体を購入して、
データのバックアップに使用していくこともおすすめします。

データ復旧のサービスでサルベージをしてもらう

もし上記のようなそれぞれの理由で、個人でHDDを取り外して交換する作業を行うのが
難しそうな場合は、メーカー先のカスタマーサポートに出してみたり、
専門業者のパソコン修理サービスに即日の出張訪問で来てもらい、
換装作業を代行してもらう、といった解決方法があります。

また、壊れたハードディスクからデータを引き出してもらいたい時も、
データ復旧サービスセンターに問い合わせて、HDDかコンピューターの機器ごと提出して、
内部ファイルのサルベージの作業を請け負ってもらわれることをおすすめします。