イントラネットで取り扱うデータを失った時に復旧するには?

イントラネット(Intranet)の構築して、複数のコンピューターで共有されているファイルやフォルダーが、
電子機器が損傷(クラッシュ)する障害で開けなくなったり、誤った削除のミスや初期化、いった過失によって
データが消去された場合に、失った拡張子などのデータを復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

LANケーブルに関連する製品の一覧

・PLANET:POE-161S シングルポート IEEE 802.3atギガビットハイパワーオーバーイーサネットスプリッター
・origin:LANセレクター LAN切替器 分配器 RJ451V2
・QWEQWE:RJ45イーサネットスプリッターケーブル

ネットワーク上の問題が発生するケースとは?

まず、イントラネットは限られた通信環境で構築されるため、セキュリティ対策には非常に優れています。

しかし一応、アンチウィルスソフトやファイヤーウォールなどの防御システムは備えていないとなりません。

特に、広範に拡張されたエクストラネットの場合、どこからか不正なアクセスや不明なラベルの問題のあるファイル、
コンピューターウイルスプログラムの侵入などの被害に遭ってしまい、
データの喪失やシステムの損傷が起きる可能性もあります。




システムの負荷によるアクシデント

イントラネット(Intranet)とは企業や法人、団体のコンピューター間に限定されたインターネットの独自システムで、
本社・支社などの社内で通信したい時に、データを共有したい時に構築・運営する、普通のインターネットからは独立した
ネットワーク・システムのことです。

また、他社・他団体とのイントラネットと共有する
エクストラネット(アウターネット)という、さらに大規模の専用ネットワークもあります。

しかし時に、設置されているサーバやNASの故障によるシステムダウンの発生といった物理的障害で
ソフトウェア・ハードウェアごとデータベースやイントラネットの構築が損壊してしまう場合もあります。

ネットワークカード(インターネットカード)がパソコンのUSBポートに正しく差し込まれていなかったり、
過熱により負荷がかかっていると、一時的にネット回線が遮断される場合もあります。

自動更新バックアップの機能を設定する

内部のネットワークをウェブブラウザや電子メールクライアントなどを通して開いたりコンテンツを
作成・編集している大事な時に接続が途切れてしまうトラブルなどを防ぐためにも、
システムの安全管理や、機材の事故に備えた自動更新バックアップの措置は必須です。

RAIDシステムでサーバーのハードディスクドライブを多重化してデータを保存したり、
無停電電源装置(UPS)を配置して、急な停電に備えたりと、保護すべき対策の方法は数多くあります。

イントラネットもインターネット同様にセキュリティ対策が必要?という疑問については、こちらのページにて。

データ復旧サービスに注文をして復元してもらう

イントラネットが障害を起こした時は、提携されているシステム管理会社、
またはデータ復旧サービスに注文をして、修復作業を代行してもらうこともできます。

大容量のデータやプログラムを取り扱う機器は、大変デリケートで持ち運びも容易ではない点もあります。

緊急時のアクシデントの際には、各パソコン修理サポート店やデータリカバリーサービスの
出張修理サポートなどにお申し込みをして直してもらうことも、より確実な方法です。