Macのパソコンで拡張子ファイルが開けない原因は?

Macintosh製のパソコンで特定の拡張子ファイルを開いて見ようとしたらなぜか開けないで、
その原因がわからず困ってしまったため、どうすれば状態を復元できる?という疑問について。

まず、アップル製のMacintoshパソコンと他のコンピューター製品には
「Mac OS X」や「iOS」といった独自のオペレーティングシステムが搭載されています。

Macintosh(マッキントッシュ)のデスクトップパソコンをはじめ、
iMacやMacbook Pro、Macbook Air、Mac mini、Mac Proなどの製品は、
MicrosoftのWindowsパソコンとはソフトウェアや周辺機器が大きく異なります。

そのため、「jpeg」や「gif」などのありふれた拡張子ならまだ大丈夫なのですが、
特定の拡張子形式のファイルだと、対応されたMac用のソフトウェアを
購入してインストールをしなければ開けない場合もあります。

Macパソコン本体に重度の故障が発生している様子で、個人では分解して直すのが難しい、
という際には、Appleのサポートか、私設のパソコン修理サービスセンターに出して、
状態の診断をしてもらわれることを推奨します。




開けるアプリケーションを入手

例えばExcelやWordの「Microsoft Office」などのWindows用アプリケーションソフトを
普段Windowsパソコンで使っている場合、Macの方でも同じファイルを使うには、
同じソフトでもMac用の製品を別に買ってインストールする必要があります。

またWindowsパソコンを使っている人からメールの添付ファイルが来た時、
その拡張子を開けるソフトウェアをMacのPCのハードディスク、またはSSDに
何か入れていなければ開けない、という原因もよくあります。

その際には、やはり対象のデータを読み込みできる対応ソフトを
電気店やインターネット上で探して、入手することで開ける見込みがあります。

もしくは相手側に何か別の開ける拡張子で加工・保存してもらって
もう一度添付メールを再送信してもらうように頼んでみてください。

読み込みできるソフトで開いたのになぜか開けない、という場合は
そのファイルが上書き保存の失敗や長期間保持のトンネル効果、
コンピューターウィルス感染などの原因で破損している可能性があります。

USBハードディスクやRAID、ネットワークアタッチストレージ、クラウドサービスからのバックアップや
再度のインストールで入手できず代わりのファイルがなくて困ってしまった時は、
MacintoshのPCに対応されているのデータ復旧サポートサービスに問い合わせをして、
元に戻せるかどうか診断をしてもらわれることをおすすめします。



『「Macintosh」のカテゴリーの前後のページ』

«

»