Outlook Expressの受信、送信メールを復元するには?

Microsoft[マイクロソフト]の提供する電子メールクライアントソフト
Outlook Express』(アウトルック・エクスプレス])用いてメールを送受信する際、

・突然受信したはずのMailが消えてしまった。
・保存されていたフォルダーがなぜか空になってしまった。
・うっかり必要なメールまでまとめて削除してしまった。
・ウイルスメールに感染してしまった。
・パソコン自体が故障して見れなくなった。

といった緊急のトラブルに遭遇してしまった場合には、どうすれば
Outlook Expressのメールを読み込み直したり修復することができる?という解決方法について。

アウトルック・エクスプレスのMAIL復活

まずはOutlook Expressの起動画面の上部ツールバーにある『ヘルプ』を選択します。

Outlook Expressヘルプ』をクリックして、イルカのキャラクターCGが表示される検索メニューを開きます。

そこで検索窓に『回復』と打ち込んでサーチすると、Outlook復元のための
データファイルのアイテムを復元する』 『削除済みアイテムを元に戻す
といったいくつかのツール項目が出てきます。

これらのどれかを押して説明される手順に沿って、修復作業を実行してみます。

これで一通り試しても直らなかったら、
今度は電子メール専用のプログラム救出ソフトウェアをダウンロードしてみましょう。

通常のデータ復旧ツールだとOutlookExpress内のファイルがスキャンで検出されない場合も多いです。

完全メール復元」といった専用の市販ソフトウェアで復旧を試みるのがより確実な方法です。





また、『ファイナルデータ』などのデータ復元ソフトをDVDブートで起動して、
お使いのパソコンのローカルディスク(C:)のボリュームをメール復元機能でスキャンして、
必要な文書ファイルを検出できるかどうかスキャンを掛けてみる事もできます。

受信トレイやアドレス帳、下書きテキスト、削除済みアイテムなど、
基本的に拡張子で保存されたファイルなら、まだあまりCドライブに新しいデータが
上書きされていない早いうちなら、残留した拡張子の痕跡から復活できる見込みがあります。

なお、MicrosoftOutlookExpressやWindowsメール、Office:Outlookといった
メールクライアントソフトで、インターネットサービスプロバイダで契約した
電子メールアドレスのアカウントを登録して送受信やデータの読み込みをする際、

Mozilla Thunderbird(モジラ・サンダーバード)などの別のクライアントソフトを後からパソコンに
インストール・セットアップして、そちらでも引き続きメールを読み込んだり、
インターネット上のサービスからも開いて、バックアップしたファイルから復元できます。

Outlook Expressのメールデータの復旧が、もしそれでも実行できないようでしたら、
インターネット上、またはデータ復旧サービスセンターを調べてみて、
診断と修復作業の申し込みのお問い合わせをされてみることをおすすめします。



『「電子メールの復活」のカテゴリーの前後のページ』

«

»