ミラーリングディスクでデータの損失を回避できる?

「ディスクミラーリング」(disk mirroring)とは、簡潔に述べますと、複数のハードディスクドライブなどの装置に、
同じデータファイルをディスクアレイ(disk array)という形式で共有して保存して、
後にシステム障害が起こった時などにデータの損失を防ぐためにバックアップすることです。

HDDを冗長化するRAIDとは?

まず、RAID1(レイド・ワン)の方式を導入すると、ディスクアレイを設定する機能を使用して、
二つのハードディスクドライブに同じファイルを同時に多重化して保存することで、
コンピューター上のデータを安全に保管する、ミラーリングディスクで運用することができます。

また、RAID1(Redundant Array ofInexpensive Disk)とも呼ばれています。

この領域による同一の内容のデータを作成していく方法に用いるディスクドライブを、ミラーリングディスクと呼びます。

ミラーリングによるバックアップとは?

次に、他のRAIDの方式と同じくこの技術により、通常のパソコンに比べて、
データの読み込み不可や破損のトラブルをバックアップで回避できる確率が大幅に上がります。

またHDDのミラーリング化(二重化)をしておくと、パソコンが起動中に急に壊れたとしても、
すぐに画面の表示が切れてしまうことはなく、中断を回避してもう片方のハード・ディスクで
そのままデータの運用を続けられる利点もあります。

パソコンの内蔵ハードディスク/SSDを二重化しておくと、個別のファイルだけでなく
オペレーティングシステムも多重化できるため、ソフトウェアの面でも安全です。

外付けのデータ記憶装置も、RAIDケースの製品を用いて複数のハードディスクに、
ミラーリングディスクとしてファイルやフォルダーのバックアップを取っておけば、
どちらか片方のストレージが強い衝撃や経年劣化、ヘッドクラッシュなどの障害で急に故障しても、
まだもう片方のストレージにアクセスできれば、そこからデータの読み込みを復旧できます。




ドライブ装置のデータを読み込みするには?

次に、ディスクコントローラとそのインターフェースが破損してデータの読み込みが正常にできなくなったりした時でも、
ミラーリングディスクを設定することで、もう片方のドライブから読み込みをし直せます。

複数のクライアントマシンからアクセスの来るサーバやNASでも、ディスクミラーリングが導入されています。

もしもHDDが片方故障して損失してしまった場合は、その後でディスクリビルトの機能により、
また新しく交換したハードディスクに同じデータが書き込みされて修復できます。

ですが、稀に再構築に失敗して、ミラーリングディスクの崩壊が起きてしまうことがあります。

その際には、専門のデータリカバリーサービスにて、RAID1(レイド・ワン)ハードディスクドライブから、
保存されているファイルを取り出しする形で、復旧してもらうこともできます。




RAIDのディスクアレイの構成が損壊したら?

しかしながら、やはりRAID1(レイド・ワン)で使用するケースの装置も、パソコンと同じく精密機器なので、
ミラーリングディスクとして長く使っていくと、故障やエラーが起きてしまうこともあります。

状態の度合によって、すべての面で絶対にデータを損失を回避できて安全とは言い切れない部分もあります。

また、たとえばラトックシステムの製品のRAID1(ミラーリング)モードの解説なども参考になります。

特に、ミラーリングディスクの設定の操作のミスで誤ってフォーマットを掛けたり、
バックアップをする前にRAIDのディスクアレイ構成を変更すると、すべての保存データが損失してしまいます。

また、RAIDのHDDが認識しない時に復旧する方法については、こちらのページにて。

必ずHDDから他のデータ記憶デバイスへのフルバックアップをして、
ファイルやシステムの損失の回避を心がけておかれるのが望ましいです。

損失したデータファイルを復旧してもらうには?

ちなみに、一台のパソコンから複数のモニターに接続して同時に画面表示させる、
ミラーリングディスプレイという、便利なシステムの技術もあります。

もしミラーリングディスク自体が重度のエラーや衝撃などで起動できない程に故障してしまったり、
誤って必要なファイルを削除したり誤フォーマットして損失した時は、プロのデータ復旧サービスにて、
論理障害・物理障害のトラブルからデータのリカバリーを行ってもらわれることをお薦めします。