ミラーリングサーバーでデータ消失を防止できる?

いくつかのハードディスクドライブにデータを共有させて保存することで
ファイルの喪失を防ぐ「ミラーリング」(RAID1/レイドワン)の技術システムは、
パソコンだけでなく、サーバやLinkStationなどのNASにも応用されています。

RAID機能の搭載でコンピューターを保護

常に稼働するサーバーに圧し掛かる負荷の分散や、ダウンによるデータ障害やHDDの故障、
また一時的なインターネット切断の対策として、
ミラーリングサーバー』(mirroring server)というサーバ用システムもあります。

近年では法人用のみならず一般個人の家庭向けにも作られたサーバーやNASに搭載されている
HDDも、「ディスク・ミラーリング」(disk mirroring)というドライブ装置をグループ化した
ディスクアレイの方式を用いて保存するデータを多重化して運営していく製品も多く登場してきています。

ストレージの機体一つおきに掛かる負荷もやや少なくなるため、
外部アクセスからの読込の遅延や、エラーの起こる確率も格段に下がります。

(「ソフトウェアRAID」よりも「ハードウェアRAID」の方がCPUに負荷がかからずに済むとされています。)

さらに一台がアクセス増大の負荷によるシステムダウンなどの衝撃で故障しても、他のサーバーでシステムを中断させずに
稼動を続けられて、また内部データも他のサーバに保存した分があるので失わずに済みます。

その後で壊れた方のストレージを新品に交換すると、
リビルド機能が働いてすぐにそちらのディスクにも同じデータを複写して元に戻せます。




RAID5以上の実装

購入にかかる費用は高くなりやすいのですが、ハードディスクを主に2台使って二重化(disk duplex)するRAID1よりも、
4台以上のドライブを2グループ以上のディスクアレイにして組み合わせた「RAID5」や「RAID6」、「RAID10」の方が
容量が大きく高速化も実現できて、安全かつ快適に運用が出来るのでおすすめです。

これからもしサーバーを運営してみようかと思われる方は、
パーツやシステムを多重化して故障に備える「フォールト・トレランス機能]で
トラブルから機器を守る運用方法をぜひ知っておいてもらえると幸いです。

しかしミラーリングサーバもHDDのヘッドクラッシュなどの物理障害には強くても、誤って中身のファイルを削除したり、
重度のエラーによるOSの破損や停電によるダウンで書きかけの拡張子の上書き保存ができなかった場合など、

何かの原因でデータがシステム的に破損した時は2つのディスクのファイルやシステムがまとめて
書き換わってしまうため、そのままだと論理障害によるデータの破壊には無防備な一面もあります。

なので念を入れてバックアップ機能などを用いて別の外付けの記憶メディアに差分のデータの
更新バックアップを自動的に一定期間ごとに実行するように設定を掛けておかれることをおすすめします。

それでもハードディスクが災害などの物理的なトラブルで2台とも破損したり、バックアップが
取れていない時に重要なファイルやシステムが故障した場合は、専門のデータ復旧センターに
問い合わせて、ハードディスクのデータの復元可能かどうかの診断の注文をおすすめします。