携帯電話が故障した時にデータを復旧するには?

近年で広く普及している携帯電話やスマートフォン(mobile phone)を日々お使いの際に、
ある時 通話ができなくなったり、インターネットへの通信やファイルの展開ができなくなったり、
故障が起きてしまったか、あるいは別の外部的な影響で通信が出来ず、繋がらなくなった場合には、
どのようにすれば機能を回復したり、内部に保存されたデータを復旧できる?という疑問について。

携帯電話が正常に使用できなくなる主な原因

・充電器の電源コンセントが外れていて、バッテリーが尽きていた。

・液晶モニターが割れて画面が開かなくなったり、タップができなくなっている。

・電子メールのアプリのサービスが終了している。

・どれかのボタンが、押しっぱなしの状態になっている。

・台風や落雷、洪水、大雪、津波などの災害で、回線が遮断されている。

・電話会社との契約が、何かの手違いで変更または停止の状態になっている。

・携帯電話・スマートフォンの回路が故障している。

・SDメモリーカードが壊れていて、保存されているデータファイルが開けなくなった。

まずは、携帯電話やスマートフォンの、現在での状態を確認して、ボタンが押し込まれたり割れていたり、
バッテリーが外れた状態になっていないか、またSDカードが衝撃で外れていないかを、確認されてみてください。




電話回線やインターネットの通信の状況を確認する

まず、携帯電話や、またXperia(エクスペリア)、iPhone(アイフォン)といった、
スマートフォン(Mobile phone)が故障してしまい、通話が繋がらなくなった状態か、
また位置の悪さで回線やインターネットにアクセスできない状態であるかを、アンテナの表示で確認します。

次に、携帯電話の契約会社のコールセンターに、別の電話や電子メールなど他の媒体から連絡をして、
お住まいの地域で通信・回線の状況に問題が起きていないかどうかを確認してみましょう。

台風や雷、大雪の通過中は、一時的に電話が繋がらなくなる可能性もあります。

携帯電話やスマートフォンの通信状況が復旧するまでの間は、上述のような別の連絡手段を使って、
通話・通信の対処をされることを推奨します。

その際に、インターネット上のデータになかなかアクセスできない時は、
別のハイエンド端末やパソコンから開いて、復旧されてみることもおすすめします。

モバイル端末が故障してしまったら?

次に、電源(パワー・サプライ)が完全に付かない状態になる、など、
携帯電話機(ケータイ)の本体が物理的に壊れている場合について。

その際には、ひとまず基本的に、携帯電話のメーカー先の修理サポートに出して、
故障(failure)の状態を直してもらう必要があります。

ほかに、モバイル端末を一時的に紛失してしまった際に故障していた場合は、
落とした衝撃で回路やボタンが破損したり、水濡れ・水没や小さなごみといった異物の混入による故障の原因で、
携帯電話の本体が壊れてしまった可能性があります。

また、携帯電話やスマートフォンを紛失した時は?という疑問については、こちらのページにて。

モバイル端末の本体が破損して、回線の接続ができないトラブルが起きた時は、
ボタンのうちの一つが欠けていたり割れているくらいの軽度の問題でも、使用がスムーズにできないこともあります。

パソコンのように携帯電話の代わりの部品をお持ちの方は一般の方では少なく、
故障した機能の復旧を個人で行うのも技術的に難しいため、
モバイル端末を請け負われた、ケータイの修理サービスに出して、直してもらう必要があります。

修理サポートセンターで携帯電話を見てもらう

次に、購入してからあまり時間が経っていない段階で、高価で高機能な携帯電話やスマートフォンが、
何かのアクシデントで故障した場合について。

その際にも、基本的にはやはり携帯電話やスマートフォンのメーカーの修理サポートセンターに出して、
その間は代替えのレンタルの端末、または他の以前に使っていた古い電話機で代用されてみてください。

通話が繋がらなくなったのみや、インターネットにアクセスできないトラブルが起きただけの状態など、
比較的すぐ簡単に直りそうなエラーが故障が起きた場合でしたら、ケータイの修理サービス店に、
即日スピードコースでの注文をされてみるのも、一つの解決方法です。

ケータイの電話帳や電子メールなどのデータは、携帯電話会社で提供されている、
バックアップサービスやクラウドストレージへの送信を事前に設定されていれば、
後からそちらで、代わりの端末や他の電子機器(Electronic Device)に引き出すことができます。

また、携帯電話の端末(phone)の本体の機能自体が故障していなければ、ケータイショップから、
液晶モニターが破損したモバイル端末などから、新しい携帯電話の端末にデータを移し替えて、
内部のファイルを復旧してもらうこともできます。

ほか、au(エーユー)での機種を変更する時にデータを移行する方法など、
各メーカーごとのQ&A(クエスチョン・アンド・アンサー・サービス)といったサービスも参考までに。

携帯電話やスマートフォンのデータが開けない時に復旧するには?

次に、携帯電話やスマートフォン(Mobile phone)のデータが開かなくなった場合は、
エラーや故障、電波の問題など、どのような理由で通話が繋がらないかを、一つずつ確認されてみてください。

タブレットコンピューターも含めて、アンドロイド端末(Android devices)やiOSの製品といった、
オペレーティングシステムが破損した場合は、リセットの措置をすることで復旧できます。

多機能型携帯電話のiPhoneや、タブレット端末のiPadが故障してしまった場合は、
事前にiTunes(アイチューンズ)からパソコンに同期して、ファイルのバックアップを取っていたり、
iCloud Drive(アイクラウドドライブ)にデータを送信していれば、そこから引き出して復旧することもできます。

値段の安い端末や、だいぶ古い機種の本体でしたら、その機会に携帯電話の買い換えをされるのも良いでしょう。

しかし、内部の重要なデータファイルは、故障した製品の交換や修理をする前に、先に取り出しをする必要が出てきます。

また端末からSDメモリーカードを取り出して、USBカードリーダー・ライター(card reader/writer)を通して、
パソコンで読み込んでバックアップする形で、データを復旧することもできます。

もし、SDカードや本体のメモリーにあるデータが、回路の破損のトラブルなどで開けない時は、
プロのデータ復旧サービスセンターに、壊れた携帯電話の端末、またはSDメモリーカードを出して、
ファイルの取り出しの作業をしてもらわれることをおすすめします。