Windows10で外付けHDDの問題を回復するには?

外付けハードディスクケースやポータブルハードディスクといった、
外部の電子機器で使用しているHDDに何かのエラーといった問題が発生した場合、
Microsoft Windows 10(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)のパソコンに接続して、
読み込みの障害を回復したりデータを開き直すにはどうすればいい?という場合について。

外付けハードディスク

まず、USBハードディスクケースを通してパソコンのUSBポートにコネクタを接続します。

通常の外付けHDDの製品やポータブルハードディスクではなく、別のパソコンといった
違うコンピューターから取り外したハードディスクの場合は、
2.5/3.5インチサイズ、SATA/IDE方式のそれぞれに合った市販の専用ドライブケースか、
またはUSB変換ユニット/アダプターを購入して、そちらに取り付けて接続を試みます。

デスクトップパソコンをお使いの場合には、空いているドライブベイに一時的に増設して
データを読み込みする方法もあります。

正常に読み込みができましたら、まず基本として、Windows10のエクスプローラーを開きます。




エラーの修復作業

これまでのWindowsと同じく10もまず、「PC」→「デバイスとドライブ」の項目にある、
問題の起きた対象の外付けHDDのボリュームを選択して、右クリックをします。

プロパティ→ツール、と進んで、「エラーチェック」の項目にある「チェック」を押すと
エラーが検出された場合は「ドライブの修復」という項目が表示されますので、
こちらを押すと、ハードディスクドライブの回復の動作が始まります。

ドライブ装置を修復

スキャンと修復の作業が完了しましたら、「お使いのドライブは正常にスキャンされました」
といった表示がされますので、不具合が直っているかどうかを、開き直して確認します。

エラーチェックで直らない問題の場合には、お使いのハードディスクのメーカーの
表記を見て、そのメーカーのホームページから、「S.M.A.R.T.」の読み込み用の
アプリケーションソフトを、Windows10対応のバージョンを選択してインストールします。

モニタリングソフトによっては、故障の度合いの検査だけでなく、
簡単なエラーを修復できる機能が搭載されているものもありますので、
そちらの機能を使用して、回復を行われてみてください。

また、エクスプローラーの画面などで右クリック→「フォーマット」で
初期化をすると、自動的にエラーが修復される可能性もあります。

フォーマットを掛けると保存されているファイルはすべて消去されるため、
先に別の補助記憶装置に必要な分のデータのバックアップを行ってください。

また、コントロールパネル→管理ツールにあります、
「ディスククリーンアップ」や「ドライブのデフラグと最適化」で
クラスタを整理したり、容量を軽くして読み込みの障害からの修復を行います。

デバイスマネージャーを開いて、「ディスクドライブ」の項目にあります
外付けHDDの名称にエラーマークが付いていましたら、選択して右クリック
→「デバイスのアンインストール」を施して、パソコンを再起動してから、
再度USBコネクタを接続して、読み込み直しを試みてください。

デバイスをアンインストール

グラフィックボードなどが破損していると周辺機器を正常に認識できないため、
その際には、故障したパーツを交換します。

Windowsで正常に読み込みができないハードディスクを、AppleのmacOSパソコンや
LinuxディストリビューションのUbuntuやKnoppixなどで開いてみると、
そちらでは正常に外付けHDDのディレクトリにアクセスできる場合があります。

また、エラーも自動的に回復していてWindows10でも読み込めるようになることもあります。

しかし、外付けHDDの内部回路であるプラッタ(円板)がヘッドクラッシュ障害で
破損していたり、コントローラが大きく損傷していたりして物理的に壊れていると、
システム上の措置ができなくなるため、時にはHDDの交換をする必要も出てきます。

まだ必要で重要なデータファイルが、壊れた外付けハードディスクの内部に
残っていて何とか取り出ししたい、という際には、専門事業のデータ復旧サービスに
問い合わせて、診断とサルベージの作業を行ってもらわれることを推奨します。



『「ファイルの取り出し」のカテゴリーの前後のページ』

«

»