故障で操作できないパソコンをリモート接続でデータ救出

お使いのパソコン本体の液晶モニターに傷がついたり、一部が割れて画面が映らなくったり、
キーボードが壊れてまともな操作ができなくなった場合、
内蔵のハードディスクかSSD(ローカルディスクC:などのボリューム)に保存されているデータも、
そのままでは展開・閲覧が正常にできなくなってしまいます。

そんな時には、どのようにすればデータの表示を復旧できる?という疑問についいて。

ノートパソコンの液晶モニターが破損したら?

まず、デスクトップパソコンならまだ液晶ディスプレイやキーボードが故障しても、
そのまま修理したり新品に取り換えることで、またモニターが見れるようになります。

ですが、ノートブック型パソコンやディスプレイ一体型のPCの場合は一体化しているため、
モニターやキーボードのパーツが破損すると、マシン単独では正常に動かせなくなってしまいます。

ですが、まだノートパソコンの電源自体が付いて、オペレーティングシステムが正常に立ち上げできれば、
もし事前に別にお持ちのパソコン本体とネットワーク回線を通して、
リモート接続」による共有を設定していれば、
壊れたパソコンに閉じ込められた個人のファイルなどを救出できる見込みもあります。

なるべく安全にデータ救出を行うには、専門のデータ復旧サービスに、
故障したノートパソコンを出して内部のファイルを取り出してもらう方をおすすめします。




別のコンピューターからリモート接続で繋げる方法とは?

次に、ハードウェアかシステムの一部が故障して正常に操作できなくなったパソコン本体を、
別のコンピューターからリモート接続でつなげてデータ救出を行う際には、
バックアップによる保存ファイルの取り出し、という形になります。

こちらの一例では、WindowsのAcer(日本エイサー)製のノートパソコンの内部データを、
Windowsのデスクトップパソコンで無線LANからリモートでアクセスして、
中身のファイルやフォルダーのバックアップを取って復旧させる方法を解説いたします。

無線LANルーターでネットワークに接続する

はじめに、この操作は同じインターセット回線に二台のパソコンを接続する必要があります。

なので、主に無線LANルーターなどを用いて、またノートパソコンの方を、
無線でネットワークにつなげる際には、事前にユーザーごとにPINを入力して、
自動的なアクセスを有効にしている必要があります。

また、事前にリモートアクセスの設定を行って、
入力なしでも自動的にボリューム同士を接続できる必要があります。

ネットワーク接続の設定ができていなかった時は、2.5インチ型のSSDかハードディスクを取り出して、
別の予備のパソコンに増設したり、外付けHDDケースに入れてUSB接続で読み込む手法もあります。

または、私設のパソコン関連のサポートを実施されたサービスで取り出ししてもらうこともできます。

二台のパソコンの電源を付けてOSを立ち上げる

まず、無線LANルーターのLANポートとデスクトップパソコン本体のコネクタをLANケーブルで繋げます。

次に、デスクトップパソコンと壊れたノートパソコン両方の電源を付けてWindowsのOSを立ち上げます。

液晶モニターの画面が割れたりキーボードが効かなくなって、
ユーザーアカウントのパスワード入力ができない場合でも、
ウィンドウズが立ち上がってログオンの画面まで開ければ大丈夫です。

一方で、モニターやキーボードが壊れたままノートパソコンを動かし続けると、
場合によっては、故障の状態がさらにひどくなるおそれがあります。

もし液晶ディスプレイの破損がだいぶひどい時は、専門のデータのリカバリーサービスにて、
内部のファイルのサルベージの対処をしてもらわれることを推奨します。



デジタルデータリカバリー

必要なファイルをバックアップして救出する

次に、デスクトップPCの方で「インターネットアクセス」が接続済みになっているのを確認したら、
エクスプローラーのファイルマネージャーを開きます。

「ネットワーク」の項目を開くと、ノートパソコンの方のユーザー名の表示があれば、
そちらをクリックして、「Users」のフォルダーを開きます。

「ユーザー名」や「パブリック」のフォルダーを開いて、
ドキュメントやピクチャにある保存ファイルのうち、必要なデータを選択して、
デスクトップパソコンや外付けハードディスクなどに、バックアップしてファイルを保存します。

データ復旧サービスで取り出しをしてもらう

もちろん二台のノートパソコン同士でも、事前にリモートデスクトップの設定で、
入力操作なしでの経由でアクセスできるようにしていれば、データの回収ができます。

(ユーザー名フォルダーの他のフォルダーの一部は、表示されない場合があります。)

ストレージへのアクセスが何かの原因でできなかったり、必要なファイルが入ったフォルダーが表示されない、
といった場合には、やはりプロのデータ復旧サービスで、取り出しのご依頼を推奨します。