SATAのHDDが認識しない時にIDE変換アダプターで復旧

最近のベースであるHDDのインターフェース規格
S-ATA(Serial ATA/シリアルアタ)』の方式が基準である パソコンなどの電子機器を使用中、
急な故障などで動かなくなり、内部のSATAハードディスクが読み込めずに認識しない、という時、

ほかにお持ちの古い方のパソコンでデータを読み込みしたいけれど
そちらはIDE(Integrated Drive Electronics)の古い方式で、そのままでは
インターフェースコネクタが違い接続できないため、どうしたらデータ復旧ができる?という疑問について。

SATA→IDEの変換アダプターで認識しないHDDを接続

まず、IDE(インテグレイテッド・ドライブ・エレクトロニクス)に対応されたパーツで構成された、
古いデスクトップパソコンに臨時にSATAハードディスクを増設して、
開けなくなったデータを読み込みしたい、という形でしたら、
SATA→IDEの変換アダプターを取り付けて、インターフェースコネクタを同じ形状に合わせて復旧する方法があります。

機材を揃えたりパソコンなどのパーツの取り外しが難しそう、という際には、
プロのデータリカバリーサービスの方で、作業を行ってもらうことができます。




デスクトップパソコンのケースの内部を確認

次に、IDE方式の方のデスクトップパソコンのケースの蓋を開きます。

筐体にある空きのドライブベイのスペースや電源ユニット空いている中間コネクタを、
ひと通り目視で確認してください。

お使いのパソコンによっては、SATAハードディスクやSSDの製品が動作環境の基準未満で、
正常に認識しない可能性も考えられるため、製品の仕様も一応確認してください。

インターフェースコネクタへの取り付け

※こちらの一例では、CENTURYの製品「SATA-IDE SATA活してIDE」を使用した例を解説いたします。

まず、パソコンからSATAハードディスクを取り外します。

HDDのインターフェースコネクタにSATA→IDE変換アダプターを差し込みます。

これで簡単にIDE方式のコネクタを取り付けられますので、
あとは普通のIDEハードディスクと同じように、古いパソコンのドライブベイに差し込みます。

IDEケーブルを差し込んでマザーボードと接続して、電源ユニットのコネクタも接続します。

もし、HDDのコントローラーボードやインターフェースの部分が少し割れていたりと破損している時は、
通電を控えて、プロのデータのリカバリーサービスにて、復元の対処をしてもらわれることを推奨します。




ハードディスクのファイルやフォルダーを開く

パソコンの電源を入れて、Windowsであればエクスプローラーの画面を開いて、
増設したSATAハードディスクのファイルやフォルダーが開ければデバイスの読み込みに成功です。

お使いの古いPCがノートパソコンだったり、何か別の理由で増設ができない、という場合は、
別売の「USB変換ユニット」を使って外部からUSB接続で読み込んで復旧をすることもできます。

一方で、重度のアクセスエラーが出ている時は、読み込みできない場合があります。

その際には、専用のユーティリティを使ったり、または専門のサービスで復旧してもらうこともできます。




故障したHDDをデータ復旧サービスで見てもらう

ですが、SATAハードディスク自体が故障していると、パソコンを移し替えても
デバイスが認識しない、あるいはデータの読み込みができない可能性が高いです。

HDDに「物理障害」が発生していてほかのパソコンでも読み込めそうにない、という場合には、
専門で営業されています専門のデータ復旧サービス会社の方へ問い合わせて、
中身の大事なデータの抽出作業を行ってもらわれることをおすすめします。