Windows10でHDDが認識しない時に復旧するには?

Microsoft Windows 10(マイクロソフト・ウィンドウズ10)の
オペレーティングシステムがインストールされたパソコン本体に、

USBコネクタからの外付け、またはデスクトップパソコンのドライブベイへの
増設による内蔵で接続しようとした際、デバイスが正常に認識がしない場合は、
どのような原因で、どうすれば読み込んでデータを復旧することができる?という疑問について。

Windows10にアップグレードした後で認識しない状態になったら?

まず、Windows7や8/8.1からWindows10へとOSをアップグレードした後で
急にハードディスクが認識しない状態になった、という場合は、
試しに他のUSB接続機器を接続して、同じ状態になっていないか確認します。

USBケーブルを別の機器の付属品と間違えて使用していたり、
コネクタにゴミが詰まっていたり、外付けHDDケースの電源ランプが付いていて、
またエラーランプやエラー音での信号が出ていたりしないかどうかを確認します。

また、Windows10でエラーメッセージが何か表示されましたら、そちらの説明に沿って
原因を探して、直せるようでしたら指示に沿って設定変更の措置を行います。

一連の作業をしていくのが難しそう、という際には、パソコン修理サポート店か
データ復旧サービスセンターに注文して、修復作業の代行をしてもらうこ方法もあります。




別のパソコンやOSでハードディスクを繋げてみる

次に、他のパソコンをお持ちでしたら、そちらにBUFFALO(バッファロー)といった、
各店舗で購入をされた、外付けハードディスクやRAIDケースを繋げてみてください。

また、一旦前のウィンドウズにダウングレードしてみると元に戻る可能性もあります。

どのアプリケーションソフトウェアに原因があるかわからない時には、一度OSを初期化させて
改めてWindows10をセットアップしてみる方法もあります。

ほか、USBメモリやWindowsの起動ディスクを差し込んだままパソコンを起動していると、
BIOSでそちらが優先して読み込まれる場合があるため、
一度外して、またBIOSの設定画面で優先順位を変更します。

デバイスドライバが破損している

マザーボードなどのデバイスドライバが破損していると思われる際には、
パソコン本体またはマザーボードを購入した時に付属されている、
デバイスドライバのディスクをDVDドライブに差し込みして、インストールし直します。

または製品のメーカー先に問い合わせをして取り寄せをするか、
公式ホームページを開いて、デバイスドライバのツールを入手されてみてください。

また、コンピューターの修復に関するサポートセンターにて、
原因の究明と復旧の作業をしてもらうことができます。

アプリケーションソフトをアンインストールする

最近で新しくアプリケーションソフトをWindows10にインストールしてから、
正常にHDDが認識しない状態になった、という場合は、一度無効にするか、
コントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールします。

また、基本的にはそれまでのウィンドウズと対処方法は同じで、
まずWindows10のコントロールパネルからデバイスマネージャーを開きます。

ディスクドライブの項目を開いて、認識しないHDDに該当するドライブ名を選択します。

右クリック→「ドライバーソフトウェアの更新」をしてください。

それでも直らない場合は「削除」でデバイスドライバを一度消去してから、Windows10を再起動して、
もう一度Windows10のパソコン本体のコネクタにハードディスクを接続してください。

ディスクの管理の画面でボリュームの表示を見直す

また、コントロールパネル→管理ツール→コンピューターの管理と進んで、
ディスクの管理」のウィンドウで、対象の外付けHDDに該当する、
ボリューム名が表示されているかどうかを、確認されてみてください。

FATやNTFSと、Windowsで認識ができるファイルシステムであるかどうかをチェックして、
もし正常に認識されていない時は、フォーマットのし直しを試してみてください。

HDDのコントローラーか、そのインターフェースが損傷している場合は、
データリカバリーのサービスにて、内部のファイルの読み出しをしてもらうこともできます。




別の機器で使用していた外付けHDDの場合は?

macOSなど別のプラットフォームのパソコンや、RAID、NAS、レコーダーなど
別の電子機器で使用されていたハードディスクの場合だと、
一度再フォーマットをしなければそのままでは正常な読み込みが出来ません。

ドライブのアイコンを選択→右クリック→フォーマット→「開始」で実行します。
(それまでに保存されたデータは初期化で消去されますのでご注意ください。)

また、これまでにそのHDDを長期間使っていて、急に認識しない状態になったら、
何らかのエラーの表示が出ている時は、対象のボリュームを選択して
プロパティの画面→プロパティ→ツール→チェック、でエラーの修復を試みます。

データ復旧サービスで読み込みをしてもらう

あるいは、そのWindows10以外の別のパソコンでハードディスクが認識できる場合は、
「S.M.A.R.T.」(スマート)というモニタリング機能を
各HDD専用の検査ツールで読み込んで、問題のチェックと軽い修復を試みます。

ですが、内部のプラッタなど、ハードウェア面で物理的に故障していると、一般の個人では
HDDの認識がほぼ不可能なため、それ以上は回転させず、
専門のデータ復旧サービスに問い合わせて、診断と読み込みを行ってもらわれることをおすすめします。