Windows XPのIDEハードディスクのデータを取り出し

Windows XP(ウィンドウズ・エックスピー)のパソコンに内蔵された、
IDE方式のハードディスクの内部データが、OSの障害や他のパーツの破損で開けなくなった時に、
別のPC本体などに繋げて取り出しをする形で復活させるには、どのように実行すればいい?という疑問について。

Windows XPのパソコンにあるHDDの取り外しとは?

こちらの例では、Windows XPのHome Edition(ホームエディション)での手順について、説明いたします。

まず、筆者はWindows XPのパソコンはこれまでに5台ほど持っていたのですが、
そのうち最初の一台は、内蔵のパーツが故障したきっかけで廃棄していました。

他の2台は正常に動いて、残りの2台は久々に開いたらWindowsのファイルシステムに不具合が出て、
デスクトップが正常に開けないトラブルが起きていました。

ひとまずはビープ音などを確認して、破損していそうな部品を順に交換したりしてみれば、
HDDやメモリなど、どこのパーツやシステムに問題が起きているかも、大まかに調べられます。

ハードディスクは、筐体の蓋を開けてドライブベイから取り外しをすることもできます。

今回では、Windows XPのパソコンで使ってきた、
PC本体に搭載されたIDE方式のHDD(ローカルディスク)の中にあるデータを、まとめて確認して、
改めてバックアップをして復旧させる作業を一台ずつ実行する方法について解説いたします。

もし自身ではハードディスクの取り出しが難しそうな筐体をお使いの場合には、
プロのデータ復旧のサービスセンターに出して、必要なファイルの回収をしてもらうこともできます。




IDE方式のハードディスクを取り出しして読み込むには?

まず、Windows XPの古いPC本体は筆者の場合、マウスコンピューター製やFaith製の、
BTO(オーダーメイド)のPCか、NEC(日本電気)製のデスクトップパソコンなどを多く購入して使っていました。

筐体に内蔵されたハードディスクドライブは、少し古い、
IDE方式(Integrated Drive Electronics)のインターフェースが多めです。

現在使っているWindowsの、SATA製のHDDを搭載したデスクトップパソコンの本体に、
増設して読み込むには、IDE電源ケーブルを取り付けたりと少し面倒な作業にもなります。

今回は、玄人志向製のUSB変換ユニット(HDD変換アダプター)に、IDEハードディスクを上の写真のように接続して、
USBケーブルをコネクタに繋げて、デバイスに認識させました。

これをUSBコネクタに差し込みすれば、普通の外付けHDDやRAIDケースのように、
「ローカルディスク」のボリュームとして、自動的にデバイスを読み込みます。

もちろん、IDEハードディスク対応のUSB変換ユニットを持っていなくても、
別のパソコンの内部に増設したり、IDE用の外付けHDDケースにセットして、
同じようローカルディスクとして開くこともできます。

ほか、Windows XPの起動ディスクでパソコンを回復するには?という疑問については、こちらのページにて。

またノートパソコンでもUSBポートでの接続により、ボリュームを開くことができます。

そして、WordやExcel、またPowerPointやOutlookなどで取り扱っているファイルを、
別のコンピューターのオペレーティングシステムから展開することができるようになります。

PCケースを開けてWindows XPのOSで使っていたHDDを取り出して、USB変換ユニットを使って、
別のウィンドウズを入れたPC本体から読み込みをすることで、大抵はスムーズにいきます。

そのついでに、他にお持ちのWindowws XPの古いデスクトップパソコンやラップトップPCの本体からも、
ハードディスクを取り出しして、一気にまとめて中身のファイルを確認して復旧する作業もおすすめです。

各フォルダーを開いてコピーしたいファイルを確認する

次に、Windows XPのOSが破損して動かなくなっていても、中身の主要な各フォルダーの方は、
エクスプローラー上にしっかりと表示されて、基本的にデータの閲覧やコピー、書き込みが行えます。

(中にはアクセス制限により、基本的にロックされているディレクトリもあります。)

そして、IDEのハードディスクのフォルダー全体を一通り見直して確認されてみてください。

バックアップしていなかった大事なデータファイルがまだ残っていたら、読み込んでいるPC本体のDドライブや、
DVD-R、別の外付けHDDなどの補助記憶媒体にコピー&ペーストで保存して、復旧の作業を行ってみてください。

またHDDにアクセスエラーなどが発生していて正常にボリュームが開けない、といった時も、
データのリカバリーサービスに問い合わせて、復元の対処をしてもらうこともできます。



デジタルデータリカバリー

ウィンドウズのユーザー名フォルダーなどのデータが開けない時は?

次にフォルダーの移動は、Windows XPの使い方次第にもよるのですが、
まず「Documents and Settings」→「All Users」→「共有ドキュメント」にある、
「My Pictures」(マイピクチャ)や「My Music」(マイミュージック)などを確認してください。

「ユーザー名」フォルダーと中身のデータは、設定次第では、
「このフォルダーにアクセスする許可がありません。」というバルーンが出てきて開けない場合もあります。

ですが、「続行」のボタンをクリックして先に進むと、
中身のファイルやさらに奥の「My Pictures」 「My Music」のフォルダーが、
実際にはしっかりと開けることもあるので、一応試してみてください。

また例として、パソコンドック24 様での、
WindowsXP等の古いパソコンを処分して必要な写真データを復旧しました。 の解説も参考までに。

「Program Files」のフォルダーには、Windows XPでインストールしてきた、
数多くのアプリケーションソフトウェアのプログラムや、
それに属するファイルが収納されたフォルダーを読み込みできます。

こちらにも、大事なデータが残っていないかチェックしてみましょう。

「WINDOWS」(ウィンドウズ)のフォルダーは、主にOSのシステム面で重要なデータがあります。

特に大事な個人のデータが含まれていることは少ないのですが、
何か重要な設定などを確認してメモを取る形で復元してみたい時には、そちらも開いてみましょう。

(後でWindows XPのOSを回復させる予定の場合は、
「WINDOWS」や「Program Files」のフォルダーの中を変更しないようご注意ください。)

そして、個人で作成した「新しいフォルダ」もすべて表示されていますので、
これらのディレクトリに残っていたデータも回収していきましょう。

HDDが故障した時にデータ復旧サービスで救出してもらう

注意点としまして、古いハードディスクからは独特の回転音が鳴るものが多いのですが、
「カタカタ…コトコト…」と大きく変な音が鳴り始めたら要注意です。

内部回路のプラッタでのヘッドクラッシュによる故障が出始めている危険があるので、
読み込みができなければ、すぐにアクセスを中止して電源をオフにしてください。

また、長年HDDを起動していないと内部の回路が経年劣化していたり、
湿気の充満や高温、低温、日光、電磁波、水濡れ、欠損などの影響により、
ハードディスクがいつの間にか故障していた、というトラブルもよくあります。

もしWindows XPのパソコン本体だけでなく、他の読み込みの装置からも、
IDEハードディスクが認識できなかった場合は、プロのデータ復旧サービスの業者に注文をして、
状態を見てもらい、高度な分解による内部データの救出を行ってもらわれることをおすすめします。