新着エントリー
サイトのテンプレートのデータが破損した時に復元するには?
デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには?
故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる?



コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

【各コンピューター機器別のデータ復活方法一覧】

パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。

【ソフトウェア上で起こる問題を修復する手法の一覧】

ソフトウェアの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。

【トラブル・障害の原因とシステム回復手段の一覧】

コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。

【パソコンのファイルの復元とリカバリーの手順の一覧】

間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。

【データのバックアップと保護対策を行う技法の一覧】

大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。

【専門業者のデータ復旧サービス一覧】

専門で回復の作業を行ってもらえるデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】  【免責事項・著作権】  【プライバシーポリシー】  【サイトマップページ】  【掲示板・メールフォーム】   【RSSフィード
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、各コンテンツのリスト、お問い合わせメールなどについての一覧ページです。





カテゴリーページの一覧




ホームページの案内

当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法やリカバリーのサービスについて紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各種のストレージを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

一例:『記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?』

データの補助記憶装置は、重要な回路が物理的に破損してしまうと
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクの内部回路に深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)といった装置は、
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になることもあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。

そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで物理障害のアクシデントからの回復に対応された専門のデータ復旧サービスに
問い合わせをして、故障したドライブ装置の検査をしてもらうことが、最も確実な復元方法になります。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で見てもらえます。

機器の内部回路の読み出し・分解・抽出といったデータリカバリーサービスでの作業によって、
中身の大事なデータを救出してもらわれることをおすすめします。



サイトのテンプレートのデータが破損した時に復元するには?

ウェブサイトの内部の各ページを構成しているHTMLといったマークアップ言語で構築された、
画面表示のための「テンプレート」(template)で、ある時、サイトの機能やプラグインの
アップデートの際にエラーが発生したり、または自身で文書をカスタマイズされている時に
誤って破損させてしまった場合は、どうすれば復元できる?という疑問について。

まず、テンプレートの初期の状態のバックアップのデータが事前にパソコン上のHDDやSSD、
クラウドストレージ、ファイルマネージャーといったディレクトリに保存されていましたら、
そちらを開いて、表示が崩れた状態のテンプレートと貼り替える形で、元に戻すことができます。

新しく何かのプラグインをインストールしたり、何かの機能をオンにした後で画面が崩れた時は、
一旦それらのプラグインや機能をオフにすると、自動的に以前の状態に復元する場合が多いです。

サイトのテンプレートのデータが破損した時に復元するには? の続きを読む

デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには?

デジタルカメラやデジタルビデオカメラを持参して写真や動画を撮影していく際に、
誤って人とぶつかってしまう、転倒してしまう、乗り物での走行移動中に振動などで
強い衝撃を受ける、誤って水濡れ・水没させてしまう、といった破損の事故が出てしまったり、
経年劣化で故障した際に、修理や交換と同時にデータの復旧を行うには?という疑問について。

まず、デジタルカメラの製品本体がその内部の回路まで破損した場合、一眼レフカメラのレンズや
バッテリー、そしてメモリーカードといった、換装が効く部品がまだ無事でしたら、
そちらのみを取り外して、別の同じ製品本体に交換した時に、再度使用の継続もできます。

デジタルカメラの内部パーツのうちのどれかが破損しても、内蔵フラッシュメモリ
またはSDメモリーカードやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードが無傷であれば、
まだ内部の写真画像や動画のデータは読み込みがし直せる見込みがあります。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラが故障してしまい、メーカーやショップでの
修理サービスに出したり、新品への取り替えをする際には、メモリーカードは必ず先に
本体の差込口から取り出しておかれるように、ご注意ください。

デジタルカメラの修理や交換の際にデータ復旧も行うには? の続きを読む

故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる?

パソコンの本体や外付けHDDケース、RAIDといった多くのコンピューターに
内蔵されている、電子データファイルを保存するための二次記憶装置である
「ハードディスクドライブ」(HardDiskDrive)や「SSD」(ソリッドステートドライブ)が
物理的に破損して故障したら、多くの場合にそのまま開けなくなってしまいます。

内部の個人用ファイルやインストールされたシステムが読み込みできなくなり、
そのままではその電子機器が使用できなくなるケースが多いです。

その際、メーカーや店舗で付帯された修理保証のサービスは適用できる?という疑問について。

まず、お使いの機器の本体に内蔵のハードディスクドライブは製品の一部のパーツなので、
故障した時に換装して直してもらう際にも、メーカーや店舗で実施されています

1年~数年の期間が決められた修理保証のサービスが適用できます。

故障したHDDの交換による修理では保証サービスは適用できる? の続きを読む

インターネット上のHTMLページのデータは復元できる?

インターネット上にある通常のウェブページを構成するマークアップ言語の
「Hyper Text Markup Language」(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)で
作成された「HTMLページ」が、いつの間にかネットワーク上から消えてしまったり、
誤って自身で管理しているページを削除した場合には、後から復元できる?という疑問について。

キャッシュページからのファイルの救出

まず、インターネット上に公開されているウェブページでしたら、
大手の検索エンジンに「キャッシュページ」がまだ残っているかどうかを確認します。

Google(グーグル)の検索結果ページでチェックをする場合には、
そのページのURLを検索窓に入力します。

緑色のURLの文字の右横にある、▼マークをクリックすると、「キャッシュ」という
項目が表示されますので、そちらを開くと、過去ログのキャッシュページが表示されます。

こちらのページで上部の解説または右クリックで出る「ソースの表示」でHTMLソースを開いて、
全文を選択してテキストエディタかホームページ作成ソフトのシートなどに
コピーペーストして「.html」の拡張子で保存ができます。

または「Ctrlキー」+「Sキー」でページのhtmlをパソコン上のフォルダーに保存して、
データのバックアップによる復元ができます。

インターネット上のHTMLページのデータは復元できる? の続きを読む

タブレット端末のフォルダーにアクセスできない時は?

タブレット端末(tablet terminal:タブレット型コンピューター)を日々お使いの際に、
ある時、内部のフォルダーとそちらに保存してあったファイルにアクセスができない
状態になった場合、どのようにすればデータの復旧ができる?という疑問について。

まず、システムの調子に問題があって正常に動かない時は、一度タブレットPC本体の
電源を切ってからオペレーティングシステム再起動をして開き直すか、アップデートを実行します。

製品の問題の具合によっては、各製品(オペレーティングシステム)の操作方法に沿って、
システムの初期化を行う必要も出てきます。

その際、事前に内部の個人用データがバックアップできる状態であるかを先にご確認ください。

タブレット端末のフォルダーにアクセスできない時は? の続きを読む

Windows Media Playerでデータが開けない時は?

Microsoft(マイクロソフト社)から提供されています、動画や音楽の再生ソフト
「Windows Media Player」(WMP/ウィンドウズメディアプレーヤー)でムービーやBGMの
データを再生しようとしたら、ファイルが一覧に表示されない、または開けない場合、
どのような原因で、どうすれば修復できる?という疑問について。

最初によくある原因としまして、Windows Media Playerを展開されているお使いの
Windowsのパソコン上の内蔵ハードディスクまたはSSDのフォルダー内に、
開きたい動画や音楽のファイルがまだ保存されていない、というパターンが多いです。

「Media Go」(メディア・ゴー)といった別の管理用ソフトからCDディスクのファイルを
ダウンロードするのに失敗していたり、インターネット上で購入したファイルを
パソコン上のフォルダーに保存できていない、または圧縮された拡張子を解凍できていない、
というケースがあります。

楽曲のデータがWindows Media Playerの「音楽」と「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」
の項目の一覧にない時は、エクスプローラーのウィンドウを開いて、
「C:→Users→ユーザー名→ミュージック」の「Media Go」や「iTunes」などのフォルダーを開き、
対象の音楽または作曲者や制作元の名称のフォルダーがあるかどうかを確かめてみてください。

Windows Media Playerでデータが開けない時は? の続きを読む

ネット上で間違えて上書き保存したファイルは復旧できる?

インターネット上でウェブページといったコンテンツの作成や編集を行う際に、
間違えて別の同名のファイルを送信してしまい、元からディレクトリ上に
保存されていたデータを上書き保存で消去してしまった場合、
後からその上書き保存前のデータの内容を復旧することはできる?という疑問について。

「元に戻す」の機能で修復できる範囲

まず、ウェブページ上の入力フォームでテキストを書き込みしている際に、
間違えて一部の文書や配置したコンテンツを削除したり、誤ったデータでの
上書き保存のミスをしていたまま「保存」や「投稿」をしてしまった場合、
ウェブページが一度移り変わっていなければ、まだ復旧できる見込みがあります。

「右クリック→元に戻す」または「Ctrlキー+Zキー」を繰り返して、
間違えて入力する前の状態にまでフォームのデータを巻き戻す形で復旧ができます。

また、テキストを入力している間に自動で下書き保存される仕様の
フォームの機能でしたら、多くの場合は「元に戻す」で前の状態にデータを戻せます。

ですが、リアルタイムでのプレビュー機能を展開していると、
「元に戻す」でのデータの修復が効かなくなる場合もあります。

ページの上書き保存の際に、一度ページ自体が更新されて画面が移り変わると、
一時的に記録された分の保存前のデータは消えてしまいますのでご注意ください。

ネット上で間違えて上書き保存したファイルは復旧できる? の続きを読む

USBメモリを差しっぱなしにしていた時に起こる問題と対処方法

ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)の規格が用いられた、
電子データ保存用の補助記憶装置「USBメモリ」(USB flash drive/フラッシュドライブ)を
日々使用している時に、うっかりパソコンやNAS、オーディオ機器などのUSBポートに
差しっぱなしにしていた場合に起こりうるトラブルと、その対処方法について。

過熱による読み込み不可の問題

USBメモリは、その製品の種類と、接続しているパソコンまたはコンピューターによっては、
ある程度の時間差し込みをしていると、熱が溜まってメモリーカードが高温になる場合があります。

パソコンなどの機器の電源を長時間付けたままうっかり忘れてずっと差し込みをしていて、
過熱した状態から一度USBメモリのコネクタを取り外して、すぐにまた別の機器につなげると、
コンピューターにデバイスが認識されず、一時的に内部のデータが読み込めなくなる場合があります。

その際に、もう一度USBメモリーを取り外して、しばらくの間室内の涼しい場所に置いて、
熱が冷めるのを待ってから、再度接続すると大抵はデータを開き直せて、読み込みが復旧します。

USBメモリを差しっぱなしにしていた時に起こる問題と対処方法 の続きを読む

Windowsパソコンに増設したHDDが読み込めない時は?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムが
搭載されたデスクトップパソコンを日々使用する中で、ハードディスクドライブを
空いているドライブベイに差し込みして増設をしようとしたところ、
ボリュームが認識されず内部データが開けない、または保存できない、という問題について。

再起動や再接続でのチェック

まず、新しくハードディスクドライブまたはSSDをドライブベイに取り付けてから
最初に電源を入れて起動した時は、BIOSに認識されないケースがあり、
一旦シャットダウンしてからもう一度電源を再起動すると、読み込まれる場合があります。

また、電源ケーブルの中間コネクタと、追加のSATAケーブルまたはIDEケーブルが、
しっかりとハードディスクのインターフェースとマザーボードの両方に差し込まれているか
どうかを、再度ご確認ください。

プラグが少し傾いていた、方向が反対側、間違えた箇所への差し込み、ケーブルが壊れていた、
といった原因で、接続がしっかりとできていなかった、ということもよくあります。

何かのビープ音が鳴っているか、診断ランプ(エラーランプ)が点灯していたら、
その音の鳴り方やライトの光り方によって他にどこで問題が出ているかをチェックします。

Windowsパソコンに増設したHDDが読み込めない時は? の続きを読む

USBケーブルが差し込み口に反応しない時のデータ復旧

パソコンやNAS、サーバをはじめとする多くのコンピューター装置に搭載された
USBポート(USBケーブルの差し込み口)に、外付けHDD、ポータブルHDD、RAIDケース、
カードリーダー/ライター、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、外付けDVDドライブ
といったUSBコードを通してアクセスするタイプの電子機器は数多くあります。

これらを接続しようとしたら、ある時なぜかデバイスが反応しない場合には、
どうすればデータの読み込みを復旧できる?という際の対処方法について。

USBポートの接続の状態

まず基本的な解決方法としまして、USBポートの種類が違っている場合がありますので、
対応されている差込口(主に色違いで判別)を探して、確かめてみてください。

デスクトップパソコンの場合、筐体の前側ではデバイスが反応しない場合でも
後側のUSBポートに差し込みするとデバイスが正常に認識される場合もあります。

または別のパソコンをお持ちであれば、そちらに接続してみると開くこともあります。

古いパソコンの場合は、動作環境の基準が満たされているかもご確認ください。

USBケーブルが差し込み口に反応しない時のデータ復旧 の続きを読む