各コンピューターの機器別のデータ復活方法の一覧

パソコンで使うハードディスクやSSD、また外付けHDD、RAIDケース、NAS、DVDやBDのディスク、
ほかSDメモリーカードやUSBメモリといった、外部のストレージデバイスをはじめ、
各メーカー製のパソコンやドライブ装置、リムーバブルディスク別に、データを喪失する障害の事例と、
コンピューターから失ったファイルを復活させていく方法についての解説ページをまとめた、一覧リストです。

それぞれ該当される機材やメーカー製品についての、データ消失のトラブルの対処方法をご参照ください。

また、機材が物理的に故障(failure)した時には、専門事業のデータのリカバリーサービスにて、
内部からのファイルの取り出しによる、復元の対処をしてもらうこともできます。




メーカー製のパソコンからデータを復活させる方法

こちらでは、メーカー製のデスクトップパソコンやノートブックPC、
また外部のデータ記憶装置をはじめとするハードウェアで、必要なファイルが開けない状態になった時や、
コンピューターにあるオペレーティングシステムやアプリケーションソフトウェア別での、
データの復活のための方法や保護の設定の仕方について、一覧に表記をしています。

(都道府県別のデータ復旧サービスなどについては、別の一覧ページにて記述しています。)

『デスクトップPC』

パソコンのリカバリーとデータの復旧の作業の違い

壊れたパソコンからデータを取り出すのに掛かる予算

電源が入らないパソコンのHDDからデータを引き出す

壊れたパソコンのデータを開く

自作組み立てパソコン

VAIO」(SONY) 

NEC」 

マウスコンピューター

『ノートブックPC』

ノートパソコンの2.5インチHDDを取り外してデータ復活

ノートパソコンのデータを取り出し

ノートパソコンのHDDをデスクトップPCに増設してデータ復旧

小型ノートパソコンからHDDを取り外してデータをサルベージ

ノートパソコンのデータ復旧

ノートパソコンのバッテリー切れ

富士通 FMV」 

Dynabook」(東芝のダイナブック) 

パナソニック レッツノート

『Macintosh』(Apple:マッキントッシュ)

Macパソコンで外部デバイスが認識しない

MacBook AirでSSDが読み込めなくなった

Macのパソコンでファイルの拡張子が開けない

MacBook AirからSSDを取り出してデータを救出

Macintoshパソコン

iMac

Mac Pro」(ワークステーション)

MacBook」 

MacBook Air

ibook」 

Mac mini

ハードディスクドライブから失ったファイルを復旧する手法

『内蔵のHDD』

壊れたHDDのデータ復旧

HDDがRAWと表示された時に復旧

増設したハードディスクが認識されない

PCのハードディスクを取り外してデータを抽出

OSが破損したHDDのデータを、増設したドライブから救出

ハードディスクの基板が故障

HDD変換アダプターでハードディスクのデータ救出

HDDを取り外して入れ替えする手順

ハードディスクからカチカチ音

HDDのHead Crash(ヘッド吸着不良)による物理障害

ハードディスクを交換する時に保存データも修理

ハードディスクの復旧

ヘッドクラッシュ

不良セクタ」 

読み込みの不具合」 

ハードディスクが認識しない

ポータブルHDDがパソコンで読み込みできない時の復旧方法

HDDの新品交換

故障した外付けHDDを別のケースに交換して修復

『外付けドライブ』

BUFFALOの外付けHDDのケースへドライブを換装して復旧

外付けハードディスクケースからHDDのデータ復旧

外付けハードディスクの寿命

外付けHDDが起動しない

HDDのデータを外付けケースで取り出しする方法

外付けHDDをエラーチェックで回復

『NAS』(ネットワークアタッチトストレージ)

ネットワークドライブの削除ファイルの復元

NAS」(Network Attached Storage)

LANDISK」(LAN接続型ハードディスク)

テラステーション」(TeraStation)

LinkStationに接続できない

リンクステーション」(LinkStation)

ハードディスクドライブに、ヘッドクラッシュなどの故障が起きて読み取れなくなった時は、
物理障害に対応されているデータ復旧のサービスの方で、失ったファイルを取り出ししてもらうことができます。




メモリーカードから消えたデータを修復する手順

『SSD』(メモリディスク)

SSDから削除したファイルを復元

SSDを外付けで接続して内部ファイルを抽出

SSDをメンテナンスして問題を修復

SSDが認識されない」 

Flash SSD」(ソリッドステートドライブ)

『カメラ』

デジタルカメラをパソコンが認識しない

デジカメの写真」 

デジタルカメラのレストア」 

内蔵メモリ」 

FinePix

ビデオカメラのデータ復旧

Everioのビデオカメラから削除した動画データを復元

ハードディスクビデオカメラのデータを復旧

ネットワークカメラの録画映像データを復元

画像安定装置

ネガフィルムの復元

『USBフラッシュメモリ』

USBメモリ」 

USBメモリが読み込めない時の復旧

USBメモリからデータが消えた

フォーマットしたUSBメモリの削除データを復旧

USBメモリが読み込めなくなった

USBメモリが洗濯機に水没

USBメモリが割れて破損

USBメモリを紛失」 

USBメモリが故障

『SDカード』

SDカードのフォルダーが読み込みできなかった時の対処

microSDXCメモリーカードから削除した写真データを復元

SDXCメモリーカード

SDカードが認識しない

microSDカード」 

SDHCメモリーカード」 

microSDHCカード

MiniSDカード

『その他のメモリーカードのデバイス』

メモリースティックが読み込みできない

メモリースティックがPCで認識しない

メモリースティック」 

メモリースティックPRO Duo

コンパクトフラッシュメモリーカード」 

CFカードを初期化

フォーマットしたコンパクトフラッシュの写真を復活

フォーマットしたxDピクチャーカードのデータを復元

xDピクチャーカード

マルチメディアカード

マイクロドライブ

スマートメディア

メモリーカードが古いカードリーダーで読み込みできないトラブル

メモリーカードで削除したデータファイルを復元

メモリーカードは、USBカードリーダーに差し込みしてパソコンで読み込みして、
市販のデータ復元ソフトを使っての、消えたファイルの修復を試みることができます。

CDやDVD、BDのディスクのファイルを復旧する技法

『CD/DVD/ブルーレイのディスク』

CD-RWを初期化した後に書き込みデータを復元

DVD-RWのデータがPCで見れない

DVD-Rをフォーマットした後でファイルを復旧

DVD+RW」 

DVD-R/RW」 

DVD-RAM

DVD/CDディスクを読み込まない」 

CD・DVDの保管

BD-RE」(ブルーレイディスク)

MO」 

MOドライブが認識しない

フロッピーディスク」 

FDドライブに認識エラー

『リムーバブルディスク』

読み込みできない時に別の装置に移し変えて接続

リムーバブルディスクが開けない

カードリーダーが認識しない

デジタル・データ・ストレージ

DVD、CDやブルーレイディスク(BD)は、もし盤面に傷や汚れが付いて読み取りししづらくなった時は、
専用の研磨機を使って、ある程度の修繕をしてファイルの読み込みを復旧できる技法もあります。

サーバやレコーダーのデータをリカバリーする技術

データが保管されたコンピュータのシステムが壊れた時の復旧方法

記憶装置の外部破損でデータが開けずに閉じ込められるトラブル

サーバー

ハードディスクレコーダー

東芝のRDのHDDレコーダー

ブルーレイディスクレコーダーが故障した時にデータを復旧

レコーダー ハードディスクのデータ復旧

サーバやレコーダーにあるハードディスクは、パソコンで読み取れないフォーマットや特殊な技術が使われていて、
電子機器の内部のデータを救出するのが難しくなるため、専門のリカバリーサービスでの依頼をお薦めします。




コンピューター上からデータを失った時の対処

また、NEC(日本電気)のlavieや、SONYVAIO東芝Dynabookといったパソコン上から、
あるいはサーバーやガラケーの携帯電話、スマートフォン、タブレット・コンピューターから、
急にデータを間違えて削除した時は、搭載されたHDDやSSD、内蔵のフラッシュメモリといったストレージへの、
それ以上の新しいファイルの上書き保存は、前の痕跡データの保護のため、一旦お控えください。

また例として、アドバンスデザイン様での、パソコンのデータが消えた!データを復元するための方法とは?の解説も参考までに。

ほか、ExcelやWord、PowerPointなどの画面を間違えて閉じてしまったり、フリーズで止まった時には、
ソフトウェアに搭載された自動保存の機能や、バックアップファイルから引き出しができる場合もあります。

パソコンやモバイル端末といった、コンピューターの電子機器に内蔵されている、
補助記憶装置自体が破損してファイルを失った時は、基本的に一般の個人では、
内部の回路からの、データの取り出しによる復旧の対処が難しくなります。

その際には、プロのデータのリカバリーサービスにて、ファイルの復活の対処をしてもらわれることをおすすめします。